2008年06月24日

ドイツからやってきた!

220608_07.jpg


週末、ドイツのエッセンからこの方が、パリに旅行に来ました!

ブログで知り合いましたが、お会いしたのは今回がはじめて。

ホテルはメトロ、マドレーヌ。
コンコルドから一駅なのですが、マドレーヌ界隈を歩いたのは初めてでしたがびっくり!リッチなところですねぇ。高級なブランドのお店が目白押しでした。

Sonaさんとふたりでお茶をしながらいろいろなお話をし、

夜は、ご主人と愛犬のシュリちゃん、そしてセバさんも合流してここのビストロで食事を。

・・・と思ったのですが、なんとわたしはメトロで降りる駅をまちがえてしまい!
サン・シュルピスで降りるところを、サン・プラシードで降りてしまった・・・。(名前似てません?) ふた駅分おふたりを歩かせてしまいました;


220608_08.jpg 220608_04.jpg


Sonaさんが選んだアントレのエスカルゴ と セバのはウサギのパテのコンポート。


ミニシュナイザーのシュリちゃんは、写真で想像していたよりもずっと小さく、かわいい!
レストランでも、テーブルの下で大人しくいい子に。
犬は飼ったことがなくて、リラさんとともにふとすると怯えてしまいがちなわたしですが、シュリちゃんははじめからフレンドリーで、そのかわいさに目を奪われてしまいました。


220608_09.jpg


それからわたしはかつて大のドイツびいき。
この方、将来ドイツに住むと思って疑わなかったほど。(言い過ぎ)
その昔、何度となくドイツに行っては、お店でミネラル・ウォーターよりも安くてうまいビールをパック買いしていたんですよね・・・。
Sonaさんのご主人は、さすがドイツ人男性、ダンディーでビール党。ドイツの人だから、濃い系のアルトビールが好きかな・・・?と思いきや、なんとわたしと同じく色の薄くてさっぱりしたピルスナーが好み!
もう、さっそくどんなビールがおいしいか指南をあおぎました!
ドイツのビールもおいしいけど、チェコのビールがとにかくおいしいんだそうです。あ〜飲んでみたいなぁ!


220608_01.jpg


食事が終わったあとは、コンコルドまで歩いていくことに。
Sonaさんのご主人は、「僕は車とともに生まれた」と豪語するほど車好き。公共の乗り物、電車やバスなんかはふだんから乗らないそうです。
レストランからホテルまで、タクシーに乗るか、歩くか、で迷いました。

セバさんは“歩いて25分ぐらいで着く”と言うので、あれ、そんなもんで行けたっけ・・?と方向音痴のわたしはそれに従います。
すると、歩いても歩いても着かない・・・。実はわりと遠かった!
なんと小一時間以上歩きっぱなし。
わたしも、先ほど駅をまちがえたときに、“歩いて3分ぐらいかな?”と思っていたのに実は10分ぐらい歩いたし・・・。はは・・・。
んもう、フランスの“さば読み、楽観的”な性質がばりばり爆発です。これだからフランス人はね・・・といっしょくたに思われないように・・・ってスイマセン^^;
こんなもんですから、わたしとセバは、どう転んでも観光ガイドにはなれませんね。とほほほほ。


この日はfete de la musique、フランスの音楽のお祭りの日。
サンジェルマン・デプレなんかはすんごい人でしたよ。


220608_02.jpg


セーヌ河を渡り、ルーブルを通り、
チュイルリー公園の横を通ってコンコルドまで。


220608_03.jpg


街ゆく人が振りかえるシュリちゃん。
犬好きなセバさんは、関係ないのになぜか自慢げ。
“性格もかわいいし、歩き方がかわいいし、大人しくいい子にしていてほんとにかわいい” とあとでシュリちゃんを絶賛してました。


220608_06.jpg


帰宅したのは、もう深夜0時をまわっていましたが、
サンジェルマン・アン・レイの駅を出るとすんごい人。まだ音楽が鳴っていました。


Sonaさんは、ブログで拝見させていただいていたとおり、
気さくで元気いっぱいでチャーミングな方でした。
ドイツの話、神戸でのお話、いろいろな話をオチつきで聞かせていただき、とっても勉強になりました。
しっかし関西弁って、なんであんなにかわいらしく聞こえるんでしょうね?
ご主人は風格があり、ダンディーな方でした。まじめな顔でぽっと発する冗談にたんと笑わせてもらっちゃいました。(って、冗談じゃなかったりしたりして)
Sonaさんとはまた違うユーモアな感じで、愉快で仲むつまじいおふたりでした。

こんなふうに、ブログを通して出会って人と会えるってなんだかうれしい。
こんどはエッセンに遊びに行けたらいいなぁ、と思います!


Sonaさんと愛犬シュリちゃんのブログはこちら

ranking.gif こちらに応援クリックお願いしますぴかぴか(新しい)
posted by ナオカ at 21:26| パリ | Comment(12) | TrackBack(0) | パリを散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナオカさん、すてきな一日でしたね。
このお二人のブログ、ちょくちょくのぞかせてもらっていたので、お〜、って感じでしたよ。
またさっき、お二人のブログと三人分しっかりと見せていただきました。
みなさん、すごくステキですね。

こうやって、ネットだけだと実像と虚像が混じっているような世界なのに、現実となると不思議な感覚ですね。
今までも何人かの方と、住所交換などをしましたが、いまさらながら
「あ、本当なんだ!」
って思います。

ドイツのビールおいしいし、安い!
わが家は車でまわるので、昼は他の国でも、夜はドイツのペンションでソーセージとビールが一番ということになっています。
Posted by rosso at 2008年06月25日 09:05
いつも思うんですけど、ヨーロッパの犬は、本当にしつけがよくできていますよね。
レストランでもどこでも同伴できるってすばらしい!! 日本は、まだまだですね。

チェコのビール最高においしいですよ!!
飲んできたばかりです。

Posted by Chips at 2008年06月25日 15:50
楽しい週末で何よりです。
シュリ君、男!って顔してますよね!
”男はヘラヘラしないっ!”って決めてる感じ。
ダンディーです。
サン・ジェルマン〜コンコルドのお散歩楽しかったでしょ。
Feteにぶつかって、長い散歩も何処からか音楽が聞こえて来て、いい感じだったのでは?
Izuは以前、ドイツの方って硬い(難い)イメージ持ってたけど、日本人に似ていて、&ユーモアがあって、お付き合いし易いって思ってます。
ナオカさん、『さわやかな風』ってSonaさん言ってますね。その風に吹かれてみたいな〜☆
Posted by Izu at 2008年06月25日 18:53
素敵な一日でしたね。
ブログを通して、しかもお互いカップルで会えるなんて、ちょーちょーうらやましいです。私もいつか実現してみたいわあー。
プラスダンもシュリ君のように一緒に。
シュリ君本当にかしこくて、かわいいですね。
Posted by kurin at 2008年06月25日 23:08
ブログで知り合いになれた方と実際に会えるなんて素敵なことですね。
ご縁があったんですね。
私も時々Sonaさんのブログ拝見させていただいてます。
シュリ君もとっても可愛いですよね。
ドイツからパリまで当然飛行機でしょうけど近いですよね。
やっぱりヨーロッパは地続きでいいなぁ。
私が行った時はバスで回りました。
サンジェルマン・デプレ教会、思い出します。30年以上前だけど!
今度はナオカさんがエッセンへ行ってみてください。
Posted by 大福餅 at 2008年06月25日 23:15
▽rossoさん
ほんと、ネットを通してやり取りしている方と、実際に会えるってなんだか不思議な感じですよね。
rossoさんとご主人、昼はほかの国でも夜はドイツでソーセージとビール、って渋い!!
気が合いそうなんでぜひ加わりたいです。(また言ってる)
そのときは、セバさんのために忘れずにワインを持っていきます。
Posted by ▽rossoさん at 2008年06月26日 16:00
▽Chipsさん
ほんと、犬のしつけいいですよね。
Sonaさんが言ってましたが、ドイツでは、みなさんヒモをつけないで歩いているとのことでした。
そうですよ、Chipsさん、プラハ行ってきたばかりなんですよね!ビールそんなにおいしいのか〜〜〜。こんどぜひなんとか飲んでみたいと思います〜!
Posted by ▽Chipsさん at 2008年06月26日 16:01
▽Izuさん
わたしはなぜかドイツ人といると、安心してしまうんですよね。
フランス人とはそうではなく。そういうところで、なんだかドイツの性質って日本に似ているのかな??なんて思ってしまうのですが、
Sonaさんいわく、ぜんぜん日本に似てない、とのことでした。^^;
よくわからないです。
あはは〜、Sonaさんは、も〜〜詩人です。ここはそろそろ暑い風になってきそうですが、Izuさんいつでもお待ちしていますよ!^^
Posted by ▽Izuさん at 2008年06月26日 16:01
▽kurinさん
ダン君とシュリちゃんがいっしょにパリの街を歩いていたらどうなるかな〜?と思わず妄想してしまいました。
もう、一日で、きっとパリのスターですよ。きっと。
Posted by ▽kurinさん at 2008年06月26日 16:02
▽大福餅さん
そうですね、Sonaさんが、こんどパリに行きます、と教えてくれて、
わたしは日本に行っているときだったら・・・とはじめ怪しかったのですが、
Sonaさんのパリ行きがちょうど延期されて、今回会えたんですよね。
大福餅さん、パリをバスで周られたのですね。
わたしもパリに旅行に来たときバスで周ったはずなのですが、
どこに行ったかまったく覚えていません。
チーズとコーヒーがおいしかったことしか・・・。
Posted by ▽大福餅さん at 2008年06月26日 16:02
ナオカさん、パリではほんとにお世話になりました。とても楽しい時間が過ごせて嬉しかったです。どうもありがとうございました!
私だけじゃなく、きっとこういう事って誰にでも起きることだと思うのですが、"この人に会いたい!"と強く望めば会えることってないですか?それは、偶然と言う形で起きる時もあれば、今回のように会うべくして会えるという感じで。
美味しい食事を味わい、隣で殿方同士が熱く語ってる姿を横目で見ながら、私達もおしゃべりの花が咲き、そしてテーブルの下でシュリが寛ぎ、ほんとに楽しかった〜!
ナオカさんご夫婦はほのぼのしててほんとに素敵でした。
セバさんに、"今まで見た犬の中でシュリが一番可愛い!"とお褒めの言葉を頂いて私達はもう有頂天です。(笑)
パリとエッセンは飛行機で50分。電車で3時間ちょっとで、ミュンヘンに行くより近いです。また、シュリと一緒にナオカさんご夫婦に会いに行こうと思います。
そして、ナオカさん達も必ずエッセンに遊びに来て下さいね!ナオカさんが私の心に残したさわやかな風はレモンの香りがします。
Posted by Sona at 2008年06月26日 16:03
▽Sonaさん
わたしもSonaさんに同感です。強く願っていることって、どんなことであれ実現するというか、自然と自分がそちらのほうに向かっているのか。
Sonaさんにお会いして、自分が知らないうちにいろいろな人に支えられているんだ、と感じました。それはとてもうれしい感覚です。Sonaさん、こちらこそありがとう。
Posted by ▽Sonaさん at 2008年06月29日 17:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。