2008年07月18日

パテとフォアグラ?そして白ワインは何からできている?

170708_01.jpg

先日、Kちゃんたちと行ったイタリアン・レストラン。
おいしかったので、セバさんといっしょにまた行ってきました。
写真はパプリカのファルシー。
イタリアの料理は野菜がいっぱい、彩りがきれいでヘルシーっぽいですね〜。


170708_02.jpg

店内全体に、天井までイタリア・ワインが並んでいます。
すっきりしているインテリアですね。


さて、今日も学校ネタなんですが。
先日、Kちゃんとペデロといっしょにワインとラテン・ムードに酔ってしまっている話をしましたが、実は彼らだけではなかった!

それというのも。
わたしのクラスの先生は、エチエンヌという50代半ばの男性。
頭髪はだいたい白く、髪型は昔の貴族風?・・小泉元大統領といった感じ。
カーキのズボンにノリのついた真っ青なブラウスを肘までたくしあげ、左手の薬指にはアンティークっぽい黒い丸い指輪をしている、なかなか変わった雰囲気のお方でございます。
この人が、だんだんとわかってきましたが、なんというか、いろんなことに知識が豊富なんですね〜。
夏季コースがはじまったころから、やれ歴史の話、やれパリの建造物の話、なんかでよく授業が脱線していて、それがわたしとしてはちと不服だったのですが、
ノセると何でも話してくれる♪ ことが判明。

たとえば・・・。
わたしは本が好きなので、フランス語のエクササイズで、フランス人作家の名前を例文にちょこっと入れてみたりします。
すると、『それは誰?』から話は横にそれ、延々とフランス人作家、フランス文学の歴史やなんやらについて語り出す。
それがまた、年代なんかも細かくて、よくこんなにいろんなこと知ってるなって感じなんです。

しかし彼。
いちど話が脱線すると、生徒の横やりも含め、30分以上は続く。
話が終わったときにはみな、『あれ?さっき何やってたんだっけ?』状態。もちろんエチエンヌも。

そして今日ついに。
話の脱線ついでにワインの話に♪♪
これにはみんな食いついてきます。もう誰もエチエンヌの話を止めるものはいません。

フランス語では、スパゲティ、パンだね、中華麺などをまとめてPate パット、と呼ぶのですが(実に広い範囲ですよね)、話はそこからはじまった!
『そうそう、パテというのもあるね』 とパテの話に派生、誰かがすかさず、
『パテとフォアグラは同じようなものでしょ?』と発言。
エチエンヌは、目を大きく開き、ウ〜ララ!の顔。そこから、パテの作りかたとフォアグラの作りかたの説明がはじまり。
パテはオーブンで焼いてつくるのだけど、フォアグラはほとんど火を通さない。全く別物、とのこと。
・・でも、パテとフォアグラって、見た目似てますよね??
と思わず発言すると、エチエンヌはさらに目を大きく開き、さらなる説明がはじまります。・・ほんとに見た目似てると思うんだけど・・・。

汗だくになって熱弁をふるったエチエンヌ。
10分ほどそれらの違いを語りつくしたら、こんどは他の生徒が叫ぶ。
『フォアグラには、なんのワインが合うの?』

そこからまたエチエンヌの説明が。『ソーテルヌと、アルザス・ワインと、赤ワインはボルドーの濃いのだね・・・』
そうそう、ソーテルヌって白ワイン知ってますか?
これはセバさんが、フォアグラといっしょに飲むのが好きで、よく日本で買ってたんですよね。
エチエンヌが続けます。『ソーテルヌはすっごく甘いワイン。それにすごく値段が高い』。

ぇ?
ソーテルヌは高くない。10ユーロぐらいでスーパーで売っている。
思わずそう言うと彼は、はは〜んとニヤリ笑い、
『10ユーロのソーテルヌ?それはね、たぶんちょっと違うものかもよ』

・・・。

わたしとセバさん、日本で挙げた結婚式の引き出物にもしかしてちょっと違うソーテルヌを渡しちゃった?!?
というか、安いのしか知らなかったし!冷汗

『スーパーには、ちょっと違うワインがあったりするからね。ソーテルヌは、うーん、35ユーロぐらいかな』


それから赤ワインと白ワインの違いって知ってます?
白ワインは白い葡萄からつくったから白い、と思いますよね??
違うらしいんですよ、エチエンヌが言うには。
白ワインは、葡萄の皮をむいてつくっているらしいんです。(これほんと?真実と違ったらぜひツッコミお願いします)

ワインの話からエチエンヌの好きだというウォッカの話に脱線、それを言われちゃ、わたしの好きなアルマニャックやコニャックの話もつい口にしてしまいます。


後ろをはっと振り向けば、いつもはぽわ〜んと授業を聞いているペデロとKちゃんが必死に頷きながらノートをとっているではありませんか!!

今日はその話で一時間をこえ、そのまま授業終了時刻。エチエンヌは、やろうと思っていたところまで授業が進まなくて、冷や汗をかいていました。明日一日しかもう残ってないのにね。
しかし生徒はみな、フランス人から食べものの詳しい話を聞けて大満足♪

・・・とまぁ、こんな感じで、みんながみんな、あまり授業とか仕事になっていないようです。
よかった・・・って、安心してたらいけないけども。はは・・・

ちなみに今日は、Kちゃんとペデロとお昼に中華レストランに行ってみました。
コースに入っていた飲み物で、もちろん“赤ワインお願いします”と言ったら、
ふたりは、“コーラ”だの“お茶”だのと言って、勝手に休肝日してる!!
わたしひとりでワイン頼んでなんだかさみしい一日でした。

ranking.gif こちらに応援クリックお願いしますぴかぴか(新しい)
posted by ナオカ at 05:42| パリ | Comment(13) | TrackBack(0) | パリの学校こぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あは〜。
脱線続きの楽しい授業じゃないですか〜。
でも、最終日ってテストってあったりするんですか?
『パテとフォアグラ』で論文提出するとかどう〜です?
それにしても、このレストランかっこいい〜かも〜っていうか、
Izuの居た時代には、こんな感じあんまし見たことない!
しいて言えば、サントノーレの・・・なんだっけ?地下がcafeになってて、『Colette』ぐらいしかなかったような・・・(古)
Posted by Izu at 2008年07月18日 15:23
イタリアン・レストラン、ぱっと見図書館かと思いました。
パプリカのファルシー美味しそう。
イタリア料理って美味しいから好き!

エチエンヌ先生のお姿想像してしまいました。
いろんなことに知識が豊富って良いですよね。
たくさん引き出し持っていると、会話に困らない。何にでも興味をもっているって事ですよね。
好奇心旺盛な人って若い気がします。
Posted by 大福餅 at 2008年07月19日 00:42
少しご無沙汰していたら、とても楽しそうな話題。
前回の記事を見て、いいな〜参加したい〜
ほぼ半日ラテンにはまってるわけですね。
フランス人はラテン系と聞きますが、本場のスペイン人はそんなもんじゃないってことですね。
いつのまにか、はまってる…ぺデロさんて筋金入りのラテンですね。
白ワインの話、うちの夫もそう言ってましたよ。ほんとかな??

ところでリラちゃん、少したくましくなったようですね。ガラス越しですけど。
そういえば、先日思い出しましたが、うちの近所のネコがうちにボーイハント(古っ)に来て、窓に飛びついて、そこにいたメスのチャチャがパニックになり、大騒ぎになって、精神安定剤を打ってもらった事があります。
注射に1500円払ったのに、1時間くらいしか効果がなくて、その後結局まる一日大変でした。
その時はネコに精神安定剤と聞いて、びっくりでした。
Posted by rosso at 2008年07月19日 01:50
何でこんなにおいしそうぉぉに写真が撮れるの?
赤ワインの渋みや色は皮の色と渋味なんですよ♪
Posted by hiromi at 2008年07月19日 20:06
なんでこんなおいしそぉぉぉぉに写真が撮れるのかしらん(^^)

赤ワインの色や渋みは皮の色や渋みなんですよ♪シャンパンは発酵の過程で閉じ込めるのだそうです。
Posted by hiromi at 2008年07月19日 20:11
いつもながら、ほんとに写真がきれい〜!美味しそう〜!そうそう、私もてっきり図書館かと思いました。(笑)
その小泉元総理大臣に似ている先生素敵ですね!(←外見的にも!笑)同じ授業でもテーマが興味のあることだったらいつもより熱心になる気持ちがよくわかります!(笑)
ワインって奥が深いんですね。ヨッヘンにロシア人とウォッカを語らせたらきっと一晩しゃべり続けると思います。(笑)
Posted by Sona at 2008年07月20日 04:22
いいなー、外見も魅力的ですね。ぜひ、エチエンヌ先生の講義受けてみたい!!
でも、その話も全部、フランス語でしょ!?ってきっとそうですよね。そのお話全部がわかる教室のみなさんがうらやましいです。
Posted by kurin at 2008年07月20日 14:53
▽Izuさん
『パテとフォアグラ』なんて論文だったら楽しく書けちゃいそうですね。
添削に、"それはフォアグラじゃなぁぁぁい!!"なんて突っこまれたりして。
このレストランがオープンしたのは少し前ですが、
確かにパリではこんな感じのとこって見たことないかもです。
テストはなくてホッでした。
Posted by ▽Izuさん at 2008年07月21日 02:25
▽大福餅さん
わたしははじめ、このレストランはオイルとかビネガーを売っている調味料屋さんかと思ってました。
入り口にある螺旋階段から見上げると、二階に続いたワインの棚が見えて不思議な感じです。
フランスでは、うまく話す男性はモテる、逆に、見かけはよかったり優秀でも、口下手だと相手にされない・・・なんて耳にしたりします。イコール、引き出しをたくさん持っている人なのかもしれないですね。
Posted by ▽大福餅さん at 2008年07月21日 02:30
▽rossoさん
猫に精神安定剤、と聞いてびっくりしましたが、
そういえば、前に飼っていた猫を飛行機に乗せるときに、もし興奮するようだったら、精神安定剤とか睡眠薬みたいなのがある、とパリの獣医が言っていた気がします。
白ワインの情報ありがとうございます。rossoさんのご主人がおっしゃっていたのなら、そうなんですね。勉強になりました♪
Posted by ▽rossoさん at 2008年07月21日 02:31
▽hiromiさん
赤ワインのポリフェノールは体にいい(でしたっけ?)というけど、白ワインはあまり耳にしないのは、皮の部分が含まれているかどうかだったのかな?
葡萄、皮のままみなさん食べたりしますよね。確かに皮のまま食べるとシブ味がありますもんね。
夏はサッパリと白ワインもおいしいかな〜なんて思いますが、寒くてそれどころじゃないような・・・最近はまたどっしりと赤ワインがいいっていう気候な気がしてしまいます。
Posted by ▽hiromiさん at 2008年07月21日 02:33
▽Sonaさん
いろいろなことに知識、そして意見を持っているというのはすごいですよね。
・・ヨッヘンさんとエチエンヌが対面したら、ウォッカで話が盛りあがりそうですね^_^
Posted by ▽Sonaさん at 2008年07月21日 02:34
▽kurinさん
この先生は、興奮すると特に早口になる気がして、
わたしなんかは、わからないところで大事と思われる話のときは周りにいる人に、今なんて言ったの?と確認してます。なんとな〜く、なんですよ、なんとな〜く。^_^
Posted by ▽kurinさん at 2008年07月21日 02:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。