2005年12月11日

過去と現在の恋

これは、前回の「ビールと、友人 Amberg」の続きです。

amberg02.jpg


毎日雪が降り、インターネットもなく携帯もない、ドイツの田舎町にいると、世界から切り離されている感じがした。
わたしは日本に帰る日を延ばした。アムステルダムで会ったダニーのこと、一年前に会っていたシュテファンのこと、その夏なんどか寝た男のことなどをごちゃごちゃに思い出していた。

「そういえばさ、シュテファン、どうしたのかな」 クラウスに聞いてみた。
「シュテファンって、あのシュテファン?」クラウスの顔が曇った。
「うん、あのシュテファン」
「今、日本人とオーストラリアに行ってる」
「仕事?旅行で? もう日本にはいないの?」
「しらない。俺、あいつ、嫌い」
「どうして?」
「最悪」
ここで彼は、おもむろにピザをつくるといって引かず、それ以上聞くことはできなかった。

その夜、わたしはクラウスの座る大きなソファの後ろで、大きな音で流れている音楽に隠れ、ひとり泣いた。
一年前の恋が、完全に終わった気がした。

しばらくクラウスの家に泊まっていたわたし。ある夜、ムードたっぷりの音楽をかけ、わたしたちは一度男と女の行事をしてみようと思ったことがある。
途中までやってみて、わたしたちはやめた。なんだか馬鹿みたいに思えたのだ。
ちがう、とわたしは思った。こんなことをしてる場合じゃない。ここで休んでいるわけにはいかない。今、つながっているもの。過去ではなく、今現在のわたしの、目の前にあるもの。それをなんとかしなければ。
わたしはアムステルダムにもう一度行くことに決めた。日本に戻る前に、もう一度、やってみよう。彼に、会えるか会えないかわからないけど。

そのころのわたしは、まだボーダーライン -境界線- をもっていなかったと思う。なにがしていいことで、なにが相手を想うことであるか。ほんとうに好きだったらどうするか。立場、というもの。そういう指針のようなものを、知らなかった。
そして、自分の気持ちに素直でいることに固執するあまり、相手が自分と同じように振舞わないことが理解できなかった。
それが本当にわかるのは、もっとあとに自分が結婚して、逆の立場になったときのことだった。

続き「暖炉と旅の終わり」へ
posted by ナオカ at 05:50| Comment(7) | TrackBack(0) | 恋愛など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ねいさまの話、日に日に心の深いところをつくようになってきました。

私は全く異なった恋愛の仕方をしてきたけれど、なぜか共感できてしまう部分があるのが不思議です^^

って、まともなコメントしちゃいましたよ^^;;;;(///0///)かあああ
Posted by ぶるう at 2005年12月11日 10:23
ナオちゃん、写真が単純にキレイ・・・
Posted by YOKO at 2005年12月12日 00:28
気持ちに素直に行動してるだけでは、ダメなんですね・・・。ある意味恋愛の駆け引きは大切なのかも。でも、私は「駆け引きとかしなさそう!」と言われてしまいます(ーー;)

続きがすごーく気になります(><)
あっ、私のブログにbookmarkさせていただいてもいいですかぁ??
よろしくお願いします♪
Posted by grazie at 2005年12月12日 00:49
自分の気持ちに素直に恋愛をする…
やっぱりステキなことだと思います。
でも、それだけになってしまうと、負の部分が
大きくなってしまうのかなぁo(´^`)o難しいな…
そんな時、日本語には便利な言葉がありますよね!
『臨機応変』♪これって大事なことなんだろなって、
最近思います。恋愛においては、特に重要だったりするのかな。。
Posted by りゃむ at 2005年12月12日 02:47
▽ぶるうさん

>私は全く異なった恋愛の仕方をしてきたけれど、なぜか共感できてしまう部分があるのが不思議です^^

異なった恋愛のしかたでも、感じる気持ちって似るのかもしれないんですね。
なんか、ほかの人も同じ気持ちしてるとか、ふつうわからないから、コメント、すごく勉強になります^^

▽YOKO
写真きれいかな??これふっる〜いカメラで撮ったんだよ。

YOKOの料理の写真、最近なんか変わってきた気がする。見るの楽しみにしてるね〜♪

▽grazieさん
>ある意味恋愛の駆け引きは大切なのかも。でも、私は「駆け引きとかしなさそう!」と言われてしまいます(ーー;)

わたしもかけひきってまずしないです。
でも、かけひきができるのがすべていいわけじゃなくて、
かけひきのできない=ありのままのgrazieさん で、それを好きっていう人が、もしかしたら一番grazieさんに合っている人なのかも?
grazieさんの日記、楽しくてつい足を運んでしまいますが、そういう素顔のgrazieさんがわたしにはとっても魅力的にうつります〜。

bookmark、はーい、お願いしま〜す!
わたしもつけさせてくださいね〜^^

▽りゃむさん
>自分の気持ちに素直に恋愛をする…
やっぱりステキなことだと思います。
でも、それだけになってしまうと、負の部分が
大きくなってしまうのかなぁo(´^`)o難しいな…

「素直に」行動するっていうのは、一長一短あるんじゃないかと思うんですよね〜。
ただ、そのときそのときを自分に精一杯やっていけばいいんだとも思うかなぁ。
やらなかったらなにも変わらないけど、やってみたらわからないですもんね。もしだめだったとしても、自分ですっきりしたり、次の恋にいきやすくなるかもしれないなって思います。

『臨機応変』か〜、それできれば一番いいな〜^^
Posted by ナオカ at 2005年12月12日 04:13
はじめまして。
綺麗な外国の風景に載って素敵な恋のお話が
とてもマッチングしていて…
なんだかとてもロマンティックですね。
ご本人にとってはとてもつらい思い出かもしれませんが…
駆け引きは恋愛において不可欠ではないけれども
うまく自分を出せないとなかなか成就しにくいんじゃないかな、って思います。
Posted by 眞尋 at 2005年12月14日 14:19
▽眞尋さん
こんにちは、ご訪問ありがとうございます。

>うまく自分を出せないとなかなか成就しにくいんじゃないかな、って思います。

そうですね。
「うまく」というのがなかなか難しいものなんですよね、きっと。
無理してたくさん我慢してしまったり、
本当の気持ちを言えなかったり、
はぁ、難しいなーって思います。
でも、好きな人の前じゃないと、気にしていないので素直な自分が出ていたりして、
それで好かれるってこともありますよね(笑)
Posted by ナオカ at 2005年12月15日 04:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10510484
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。