2005年12月13日

暖炉と旅の終わり

これは、前回の「過去と現在の恋」の続きです。

このお話をはじめから読む方はこちら


再びアムステルダム空港を訪れたのは年末のことだった。

空港に着いて、ダニーと出会ったバーをのぞく。また、彼がいるかもしれないという期待をすこし抱いた。彼はいなかった。
以前、ダニーの友人が書いてくれた彼の電話番号をわたしは大事にとっていた。

またホテルを予約し、ホテルに着いたらすぐにインターネットに接続する。
ダニーからたくさんの小さいメッセージが入っていた。
電話番号をとりだし、電話する。もう待ちきれない。
電話した。
出た。
子供の声がした。

ダニーはとてもびっくりしたみたい。How are you?と英語で聞いた。家にいたんだ。奥さんが近くにいるんだ。わたしは急いで切った。
そのあとは落ちこんだ。どうして電話したんだろう?オランダ語ではなく彼が英語を話したことで、奥さんにおかしく思われてしまったかもしれない。
その夜、ダニーからメッセージが入った。
「まずかった。誰だかしつこく聞かれた。電話はまずいから、俺の電話番号は捨てて」

ただ会いたいと言いたかった。
ただ、彼の気持ちを聞きたかった。わたしの感じた気持ちは本当なのか。彼も同じように思っていてくれるのかどうか。
でももう聞けなかった。

わたしは気づいた。わたしの、求めているもの、それは暖炉だ。わたしをあたためてくれるもの。
それが、そこにはない。あったとしても、すでにちがう人のために、ちがう人をあたためるべき設けられている暖炉。

もう、日本に本当に帰らなきゃいけない日がせまっていた。わたしは、前回できなかった観光をしたり、旅行者に有名なアムステルダム名物のカフェに行ったりして、同じようなツーリストの人々と話した。
そして日本に帰った。

ダニーからはその後もメッセージが届いていた。彼はその中でいつも冗談をいったり、小さい話をした。そしていつもわたしがなにをしているか聞いた。
わたしは話すことがなかった。彼と会えないのなら、ネットの友だちになることは望んだことではなかった。
なんどかダニーから誘われて、時間をあわせチャットをしたことがある。彼は、やはり自分のことはあまり話さず、わたしの仕事のことや、生活のこと、なにをしているのかをいつも聞くだけだった。
だんだんとメッセージのやり取りはなくなり、半年後、彼からメールが届いた。
“I don’t know what to say. But I still think of you.” なんていっていいかわからない、でもまだきみのことを考えている。次はいつアムステルダムに来るのか教えてくれ。
わたしは、今のところ行く予定はないよ、と返信した。
それから一年後、メールがきた。仕事で日本に行けるかもしれない。そしたらきみに会えるか。きみの家に泊まれるか。
わたしは会えるがうちには泊まれない、と書いた。彼と出会ってからしばらく経ち、ちがう恋もしていた。そのどれもが長続きせず、短期間で終わっていた。とはいっても、いいよ、とは言えなかった。
さらに一年後、メールがきた。今どうしているのか。また会いたい。そこには I love you, とも書かれていた。
わたしは彼の言葉や気持ちが理解できなかった。こんなに遅くなって今ごろなに?というのが本音だったし、そんなことずいぶん時間が経ったあとで言われても信じられるわけもなかった。
最後にメールがきたのは、今の夫のセバと出会い、結婚しようと約束をしたあとだった。ダニーの質問はいつもだいたい同じ。こんどまたアムステルダムに来るか。会ったらいっぱいきみを抱きしめたい、I love you,
わたしは、わたしもやっと本物の人にめぐり会ってこれから結婚するの。だから、もうそういうこと言わないで、と書いた。それからメールはきていない。    〜完〜
人気blogランキングに参加中!
banner2.gif このブログに一日一票、こちらに応援クリックお願いしますぴかぴか(新しい)

posted by ナオカ at 03:40| Comment(12) | TrackBack(0) | 恋愛など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なおちゃん、あなたは寂しかったのだね。
暖かい場所を探し求めて歩きまわるなおちゃんの物語をを読んでいると、とても切なくなるよ。
なんでだろ?自分と重ねてしまうところがあるからかな。
きっとこれを読んでるみなさんも、自分を重ねて切なくなる・・・という人、いっぱいいるんじゃないでしょうか?
Posted by C at 2005年12月13日 08:53
あたし、最後にそのメールが来たときのこと覚えてるー、ナオ、電話でそういってた。でも、そのときは心が揺れてなかった?(笑)
確かそのときも言ったと思うけど、ダニーはAffiarがしたかっただけ。現実逃避をしたかっただけ。その手にのっかからなくて良かったね!今の暖炉、大事にしろよー
Posted by YOKO at 2005年12月13日 09:08
なんか変な言い方ですけど、ナオカさんのこれまでのお話になんとなく共感とか、何か深く考えさせられたり・・・するのは、ナオカさんのお話が手探り状態で悩みながら恋愛している様子がうまく綴られているからだと思います。
サクセスストーリ、また「how to」的なものじゃないだけに、読みながら深く考えさせられる部分がとても多い。素敵な記事ですよね^^
あ、まともなコメントになった・・・^^;
Posted by ぶるう at 2005年12月13日 10:18
▽C
>暖かい場所を探し求めて歩きまわるなおちゃんの物語をを読んでいると、とても切なくなるよ。

そうだね、自分で気づかなかったけど、探し求めてたんだなぁ。
今考えると確かに切ない;_;

▽YOKO
メールの最後はもう気にしてなかったから、半年後とか日本に来るとか言ったときYOKOに話したんじゃないかな。
そうだね、今の暖炉、できるだけ大切にしなきゃだね^^

▽ぶるうさん
>手探り状態で悩みながら恋愛している様子がうまく綴られているからだと思います。

ほんと手探り状態でくら〜い中を漂ってたんだと思います〜。書いてることもずいぶん暗くって。
うまく表現したいとは思うんだけど、まだまだ修行が足りないな、と自分で思いました。
まともなコメントのぶるうさんもLOVEです^^
Posted by ナオカ at 2005年12月14日 03:08
すごいです。東京での恋の7回とヨーロッパでの出会い7回、一気に読んでしまいました。
ドイツで読んでいます。
素敵な曲も流れているので、ナオカさんのストーリーに浸りまくりです(><)
何故かハートがドキドキしています。
すごい恋愛小説を読んだ感じですが、実話だから尚すごいのでしょうね。

私も今は幸せいっぱいの平穏な日々ですが、過去をチラッと思い出しました。

皆に愛されるナオカさんの旦那さまは幸せ者ですね☆
Posted by mayu at 2005年12月17日 03:45
▽mayuさんへ
mayuさんこんにちは。コメントありがとうございます^^

今ドイツにいらっしゃるんですね。
以前はドイツ、ほんとによく旅行しました。ミュンヘンからアーヘンまで列車で行って、さらにアムステルダムまで行ったことも・・・今考えると若い・・・

わたしも今は平穏な日々です。mayuさんもそうかも?ですが、それもこれも、前にいろいろなことがあったからかなーなんて思ったり・・・

mayuさん、なんだかもっとお話ししたいので、よかったらブログに載せてある直メールにメールいただけませんか?
もしご面倒でなかったら!
Posted by ナオカ at 2005年12月17日 06:29
5年も前に書かれていたステキで
切ないお話一気に読んでしまいました。

私もMunichであったいろんなことを
「そういえば…」なんて思い出している所です。1つ1つの恋愛がよかったのか
悪かったのか、それはナオカさんにしか
分らないし、もしかしたらナオカさんにも永遠に分らないかもしれない。
でもそれは確実にナオカさんの
人生の土台に組み込まれ、一部となり
きっと今があるのだと思います。

たくさん恋をして笑って傷ついて…
そんな女性は同性から見ても
とても魅力的です。
これからもステキなお話たくさん
聞かせて下さいね。




Posted by チャンティック at 2010年06月01日 23:18
▽チャンティックさん
ありがとうございます^_^
なんだか生きてるってことは最後までなにかを学びつづけるって気もします。ひとつの経験をしたとしてもそれで終わりではなく、常に、自分はまだいろんなことを知らないんだ、という気持ちでいたいなーと思ってます。年とると頭かたくなってくるっていいますもんね^^;
古い記事をこうして読んでいただいてうれしいです^^
Posted by ▽チャンティックさん at 2010年06月02日 19:14
そう、年を重ねるとね。
頭が固くなるっていうか、「守り」に
入ってしまうんですよね、人間って。
それで良しとするか、しないかは
その人の判断になってしまうんですけどね。

ナオカさんの言うとおり
生きている限り人間は何かを学び続ける
生き物なのだと思います。
ま、手痛い目にあって凹むと
それはそれで若いときと違って
立ち直るのに時間もかかる反面
「C'est la vie」なーんて台詞を
さらりと言って相手をケムに巻くことが
出来るようになったのも「学んだ」
1つかも!?と思うこの頃です(^^ゞ

常に学び続ける=前進する気持ちを
持ち続けているのは大切なこと
ですよね?きっと。
Posted by チャンティック at 2010年06月03日 00:13
▽チャンティックさん
あはは、わたしもセ・ラ・ヴィはここ1年ぐらいでほんと使うようになりました。
そう言ってしまえばそれで終わってしまうんだけど、そういうことのほうが実は多いのかな、って気も。そういうふうに考えるようになったのも年の功かな、なんて。
Posted by ▽チャンティックさん at 2010年06月07日 18:37
初めてお邪魔しています。
ナオカさんの恋愛ストーリー、一気に読んでしまいました。他の方からもありましたが、昔の自分と重ねたりして。私は昔の国際恋愛や一人旅をナオカさんのように上手に文にすることがきるだろうか、と考えながら。
私は今はドイツでシングルマザーしています。自分で選んだ道ですが、気付いたらドイツから動けなくなっていました。でも次の恋愛はできればドイ人以外としてみたい、なんて思ってます。
また時々お邪魔します。
Posted by トモコ at 2010年08月12日 23:37
▽トモコさん
こんにちは、コメントをありがとうございます。
人生ってほんとにいろいろなことがありますね。でも、さまざまな障害があって負けそうになっても、わたしは自分の思う真のことを貫いていきたいな、と最近思います。
自分もですが人もみな、自分と同じ弱いところをもち、右往左往しながら人生を送っているんですよね

最近環境が変わりブログの更新がなかなかできませんが、よかったらまたメッセージくださいね。
Posted by ▽トモコさん at 2010年08月21日 05:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。