2005年12月31日

2005年をふりかえって

今年もはやいもので、もう今日で終わりなんですね。
他のブログで、一年をふりかえって、というのがあり、わたしも考えてみようと思いました。

わたしの今年は、女32歳厄年、けっこういろいろなことがありました。
昨年10月にパリに、夫と猫一匹と引っ越してきて、突然家族や友人と離れ、仮住まいとして、一部屋の小さいアパルトマンに住みました。
落ち着くまでインターネットもなく、電話も着信はできるが発信はできず、なんだかいろいろなことから隔離されていました。
わたしは女ふたり姉妹の長女で、うちの両親はわたしには日本にいて、近くにいてほしかったと思います。それでも、夫にくっついて外国に移り住むことを決め、そういう親をおいて、それでも来たからには、がんばらなきゃいけない、と思ってました。

わたしにできる唯一の外国語は英語だったのですが、フランスに着いたら、日常で会う人々はほとんど英語を話さない。とにかく言葉のわからない中での生活、人もみな冷たく感じられ、パリに着いて2週間ほどはずっと暗い気持ちでした。

でもそれじゃいけないと、いそいで語学学校を見つけ、通いはじめました。スーパーに行っても表示が読めないし料理もなかなかできません。学校に行けば、初心者コースでも授業はすべてフランス語。先生がなにを言っているのかわからず、悔しくてまた泣きました。
そんなわたしにできたのは、ただ言葉を勉強すること。ガリガリとただそれだけ毎日しました。

学校にも慣れてきたころ、夫の外国赴任が決まりました。こんどはオランダです。せっかく引っ越して落ち着いたところにまた移動。それでも、夫婦が離れるのだけは避けたかったというか嫌だったわたしたちは、いっしょにオランダへ行きました。いつまでの滞在になるかわからなかったため、3ヶ月間はホテルに泊まっていました。空いている部屋を探し、大きなスーツケースを持って移動。せっかくできた学校の友だちとも離れ、またひとりっきりになってさみしかったです。
このときの話はまた折りを見てブログに載せようかなと思っています。

5ヶ月のオランダ生活を終え、パリに戻ってきたのは9月。そこからまたフランス語の学校に通い、足りないものを買い足したり、生活の基盤をつくっていこうとしました。ここのブログをはじめたのもそのころです。

ひとりのときの旅行とは違い、結婚してからの移動、住んでからの移動はほんとに大変。また、外国では、日本のようにスムーズにいく手続きも驚くほど時間がかかります。

そういうように、去年から移動ばかりの生活だったわけですが、
ひとつだけ言えるのは、ずっと夫といっしょにいてよかった、ということ。
わたしたちは、どうやったらいっしょにいられるか常に手段を考え、さまざまな手続きに労力をそそぎました。それでも、大変なときにこそいっしょにいたい、そばにいて相手を支えたい、そういう気持ちが、わたしにも夫にもあったのだと思います。
考え方の違い、まだまだ相手のわからないところはありますが、日を重ね、だんだんと、お互いに理解し、歩みよること、それが信頼と、絆につながっていくと、今は確信しています。

来年は、う〜ん、どうかな。
あまり気張りすぎないで、マイペースでやっていきたいかな。フランス語の勉強も、いろいろなことに慣れるのも。
そして、ただ走るだけではなく、生活をもっと楽しみたいな。
あと、あまり動かないで、一箇所で自分の生活を確立したいな。家も買えたらいいな。
これは、仕事にはまっすぐで、どこに飛んでいくかわからないうちの夫へのささやかな希望です。

みなさんの一年はどうでしたか?

みなさんも、わたしも、よい年を迎えられますように!

posted by ナオカ at 00:23| パリ ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | うちの家族について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Naocaちゃん、すごいその気持ち分かる。私も高校生の頃ドイツ人家庭に暮らして公立高校に行ってとき、言葉がわからなくてずっと無力感とストレスに悩んでたよ。

そして今私が住んでいるのはNYという言葉の通じるところだけど、また別の感じの辛さ。2005年はNYの仮住まいと日本を行ったりきたりで、どっちの暮らしも中途半端だったし、4月からNYで暮らし初めても、手続きは意味不明で時間かかるし、学生時代のカリフォルニアと比べると最初の頃はフシギなほど孤独に悩んだよ。(今もちょっとそうだけど。)

良いところ、辛いところ、盛りだくさんの海外生活だけど、辛いことからいっぱい得るところがあるんだと思います。2006年、色々な経験や感情を心に溜めて、昇華させて、より深みとコクのある女性になりましょ(笑) 来年もヨロシクね!!
Posted by Yukko at 2005年12月31日 06:21
なおかさん ぶるちゃんです^^
今漫画喫茶にいます^^;;;;オタクすぎる。。。。

私も何度か海外生活を経験し、おそらく将来は海外移住組みなので、なおかさんがこちらの記事で書かれていることがとても理解でしますし、将来再び直面する問題だろうなって思います。

ああ、お互い支えあって頑張っていきましょうね、おねいさま^^

来年もよろしゅう〜
Posted by ぶるちゃん at 2005年12月31日 16:24
▽Yukkoちゃん
あったかいコメントありがと;_;
そうだね、つらいことも楽しいこともあって、はじめて楽しいことが浮きあがるんだよね。
日本がこんなに恋しくなるっていう気持ち、誇りに思うような気持ちも、今年はじめて感じたよ。外から見ていて。
深みとコクのある女性めざしてがんばろうね!!^^

▽ぶるちゃん
ぶるちゃん!旅先からですか??
漫画喫茶っていうとこがぶるちゃんらしすぎる・・・^^;;
昔、うちの父親の雀荘にくっついていったらそこが漫画喫茶も兼ねてたんですよね。
ジャラジャラ音がする中で、朝まで漫画読んでたの思い出しちゃった^^;;

ぶるちゃんの海外移住先がフランスになればいいな〜〜〜〜〜〜。
天ぷらそばの食べすぎにはくれぐれも注意ですよ!
来年もよろしくです^^
Posted by ナオカ at 2005年12月31日 21:07
はじめまして、こんにちは。
偶然にこちらのブログにたどり着きました☆
5月から私も仏人夫と共にパリ近郊へ引っ越します、初めてのフランス暮らしです♪英会話しか出来ない私なので、ついたらナオカさんのようにフランス語を頑張らないとです。
私たちも一先ず小さなアパルトマンからの再出発です、夫は仕事探しもスタートです!日本に5〜6年も居て日本式に慣れた暮らしだったので、夫の方が私より不安そうです^^
ナオカさんのブログを読ませていただいて、親近感を覚えました。私にもフランス生活への希望が更に沸きました♪また遊びに来させていただきますね。
Posted by bio at 2008年03月14日 17:51
▽bioさん
はじめまして!
5月にフランスに引っ越してこられるんですね。
海外引越しの手続き、いろいろ大変ですよね。日本を出るのも、こっちで生活が落ち着くのも・・・。
わたしのときは、ガレージセールなどをおこなって家具などを整理したのを思い出します。がんばってくださいね!

Posted by ▽bioさん at 2008年03月16日 02:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11181518
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。