2006年01月03日

ゲストハウスに住む〜東京で外国人と知り合いになる

前回ご紹介した「トレックアメリカ」で、とりあえず外国をひとりで歩き回ってもだいじょうぶ、外国人もたいして変わらないんだな、とつかんだわたしは、社会に出てから次はタイにひとりで行ってみました。
以前の「旅と新たな出会い〜ヨーロッパ」でもすこし書きましたが、そこで日本に住むオーストラリア人・カナダ人・イギリス人たちと出会って旅をともにしたんですね。タイは、ヨーロッパからのバックパッカーが多いです。
外国人と話すとさまざまな意見や考えがあって、自分の常識や固定観念みたいなものが消えていく気がしました。自分のいる世界はいかに小さいか、と思って目も開かされたのはこのころだと思います。
しかし、自分の英会話能力には不満でした。
わたしがしたのは、まず文法を思いだすこと。高校で使っていた、テキストとは別の文法の薄い本、それを読み返しました。
高校の文法は英語の基礎、英会話に使う文法はこれだけをマスターしても十分かと思われます。また、そこに練習問題も出ていたら、同じのを何回もやってみる、反復が記憶になりフレーズを覚えやすくなると思います。

旅行のあと、「東京でも外国人はたくさんいるんだ、友だちになれないかな」と思ってました。
タイ旅行で知り合ったオーストラリア人の家にある日遊びに行くと、彼は一軒の家を3人の外国人の若者とシェアして住んでたんですね。経済的にも安くなるし、ワイワイとしていて、なんだか合宿みたいなイメージもあります。常に人が家にいるんですもんね。
「どうやって探したの?」と聞くと、都内のバーや本屋に置いてある「メトロポリス」というフリーペーパーで見つけたとのこと。それは、日本にいる外国人には有名で、英語で書かれてます。
そのフリーペーパーのClassifieds「Find A Place」欄を見ると、「Guesthouse」という名前でたくさん載ってます。このフリーペーパーはホームページでも見れます。(URLは文末参照)
ゲストハウスというのは、本来、日本にきた外国人が短期滞在または長期滞在するため、外国人用に貸してある家をいうようです。
わたしはちょうど一人暮らしのアパートの契約が切れそうだったので、会社に通いやすい場所のゲストハウスを見つけ、見に行って、引っ越してみることにしました。
そこは、大きな一軒家を改造した家で、オーナーは日本人でした。
敷金も、鍵代の1万円ぐらい、各部屋はありますが、キッチン・リビング・バストイレは共同です。そしてオーナーがごみ捨てや、共同場所のそうじをしてくれます。

そこは20部屋ぐらいの大所帯で、カップルのアメリカ人やイギリス人のモデルの女性、英語教師をやっているカナダ人の男性など、実にさまざまな外国人がいました。日本人も何人かいましたね。
自分で英語を使わざるを得ない環境に入ってしまったし、彼らと話すとやはり楽しいので、自然ともっと英語でうまく会話したいと思うようになりました。
英単語の本を買ってきてすこし読んだりしました。これはTOEICとかTOFEL用のものです。

そのゲストハウスで出会ったのが、初めての外国人ボーイフレンドのイギリス人でした。前の「悲しい恋 〜東京」でちらっと出てきたのがこの人です。

長くなってしまったので次回また続きを載せますね。

「メトロポリス」ホームページはこちら。

続き「頭で先に英語が浮かぶようになる」へ
ranking.gif ←こちらに応援クリックお願いしますぴかぴか(新しい)
posted by ナオカ at 18:24| パリ 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | . | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナオカさんの行動力はさすがですね。私なんてフランス語も英語もそうですけど、やらなきゃ!!とは思いつつ、必要に迫られないとなかなか重い腰を上げられず・・・でも自からそういう環境に身を置くことでいやがおうでも話しますものね。遊学前にまずゲストハウス攻略ですかね・・・
Posted by akiko at 2006年01月03日 23:37
▽akikoさんへ
こんにちは!コメントありがとうございます。
そうそう、必要に迫られないとなかなか腰が上がらないですよね。わたしのフランス語も、さぼっちゃってひどいものです-"-
ゲストハウスのいいなと思う点は、留学してなくても周りが外国人ばかりなので、外国に住んでいるような気分になるとこかな?
akikoさんはこれから遊学されるのかな??
楽しみですね!^^
Posted by ナオカ at 2006年01月04日 00:53
ゲストハウス、すごい気になってるんですよね〜…
でも、共同生活って絶対無理!!っていうタチではないんですが、私の場合は短期間だからそれも楽しめるのであって、それが長期間(一ヶ月以上は長期間に入るかな…)になったら自分的に結構疲れちゃうのかなぁっていう不安があります…(・Θ・;)わりと一人っきりの時間が必要な人間みたいなんですよね(-"-;
ナオカさんはどのくらい、ゲストハウスで生活をなさったんですか??本当に興味があるので、2,3週間なら住んでみたいって思うんですけど…(>_<)
Posted by りゃむ at 2006年01月04日 02:10
▽りゃむさん

1週間区切りでも家賃払えると思いますよ。短期の旅行者の人とか、1週間とか何日かしか泊まらない人もいました。
確かに、長期間にわたると疲れちゃうかも?
わたしもそのクチで3ヶ月でひとりの家がほしくなりました^^;
Posted by ナオカ at 2006年01月04日 17:59
なお。ここで私たちは出会ったんだよ。
覚えているかい。

なんだかなおのBlog読んでいたら私も
恋愛話のBlogを書きたくなったよ、匿名で。私もいろいろあったけど、書かないと
それで学んだこととかわすれちゃいそうだしね。。
Posted by natsu at 2006年01月04日 22:24
▽natsu
もちろん覚えてるよ〜っ!
natsuとの出会いは強烈で忘れられないよ(笑)
Posted by ナオカ at 2006年01月05日 06:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11294965
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。