2006年01月04日

頭で先に英語が浮かぶようになる

「トレックアメリカに参加」 → 「ゲストハウスに住む」

前回の「ゲストハウスに住む」で英語を使う環境に入ってしまいまいた。
だんだんと英語で話すうちに、忘れていたのも思い出してきたと思います。
そして、ひょんなことからつき合うことになったイギリス人は、誰と話すときでもスピードは変わらない人だったんですね。とにかく速い・・・
もっと知りたい・理解りたい、と思ったら、聞くのも集中するし、言いたいことが言えないというもどかしさで単語を覚えるのも苦ではなかったです。むしろ、楽しいという感じでした。

このころから、頭で考えるときに英語が先に浮かぶようになったと思います。
あと、日記も英語で書いたりしてました。

英単語をみなおししてみて、はじめにわかったことは、
ふつうの英会話では、高校のときに覚えた基本の2千語、これで基本的にはじゅうぶん、なんとかなります。
それに、一度覚えたものというのは、忘れても、もう一回見ると思い出すのは容易なんですよね。

単語の本はたくさん出ていますが、はじめに全部覚えなければならない、ということはなくて、難しくて何度やっても覚えられないのは潔くあきらめます。
それに、実際に英語を話す場合は、難しい単語一語で言うよりも、基本動詞+前置詞の熟語を使うことが圧倒的に多いです。

ネイティブの人たちと話すようになって、もうすこし突っ込んだ意味の理解は、
本の「ネイティブスピーカー」シリーズ(大西 泰斗著)をちょこちょこ読みました。
実際にネイティブがどのようなイメージでその語句を使っているかがつかめます。暗記ではなく、イメージで覚えるので忘れにくく、実用しやすいと思います。(URLは文末参照)

またゲストハウスでは、住人の日本人の女の子とも仲よくなりました。
みなで話すときは、日本語がわからない人もいるので、日本人同士で話すときも、英語を使ってました。
その日本人の女の子はアメリカに留学経験があり、外国人の友だちも豊富でした。
そして連れて行ってもらったドイツ人の集まりで、なんだこれは!?と思うほど心地よくて、それからドイツ人とばかりつるむようになってしまいました。

ネイティブじゃない人と話すようになってわかったのは、相手も英語のスピードは速くないんですよね。なので、はじめは「お互い英語が第二外国語」というほうがラクなような気もします。
このドイツ人の友人たちとは本当に仲よくなり、メールもたくさんしました。相手のメールのいいまわしをまねしたり、表現したいときに単語がわからなかったときなどは辞書をみてメールを書けるので、英語でメールの交換というのはおそらくずいぶん会話の上達になったと思います。

ゲストハウスでは、自分の個室以外はすべて共同、集団生活みたいなものなので、すこしプライバシーはないかもしれません。深夜でもうるさい人はいたり・・・。
わたしはけっきょく3ヶ月住んで、また自分でアパートを借りて出ました。

まぁこんな感じで、ひとりの外国人の友人ができてから、友だちが友だちを呼んだり、遊びに連れていってもらううち、どんどん世界がひろがっていきました。

参考図書:
「ネイティブスピーカー」シリーズ(大西 泰斗著)
amazonのリンクをはりましたが、もしリンク先に飛ばない場合は著者名でamazon検索してみてください

続き「仕事でも英語を使うようになる」へ
ranking.gif ←こちらに応援クリックお願いしますぴかぴか(新しい)
posted by ナオカ at 17:23| パリ | Comment(9) | TrackBack(0) | . | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナオカさん、内容を読む前に(頭で先に英語が浮かぶようになる)というタイトルを見て、一体私はいつになったらそうなれるのかしらぁ〜^^なんて思いました。でもナオカさんの言う通り、もっと知りたい・理解したいって思ったら聴く耳にも力が入りますし、ネイティブの言い回しをまねしたりって言うのも効果的ですよね。私はすでにフランス語の法則の多さにくじけてますが・・・やっぱり基礎は大事なのですね。一年位の(留学)ではなく、遊学だから、現地に行ってから本格的に・・・なんて思ってたのですが・・・ナオカさんのお話を見て、少しやる気が復活してきました。今度フランス語の事も教えてくださーい^^
Posted by akiko at 2006年01月04日 18:30
ナオカさん、遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます。
今年もパリからのお話、楽しみにしています。

わたしの頭も、英語が先に浮かぶようになるのはいつのことなのでしょう・・・。
といっても学習量が少な過ぎってことだけははっきりしているわけですが。
毎年言ってますが、英語がんばるぞ!!(笑)

今年もよろしくお願いします!!
Posted by koatorugorado at 2006年01月04日 21:21
愛があれば、ネイティブできますよ〜!でも、本当は耳からですね〜!会話は。
言葉を言葉で覚えようとしたら、だめですね〜!イメージですよ!画像でインプットできたら早いですね〜!更に、体験が物を言うと思いませんか〜?恋愛が一番だと思います。一番大好きな人に気持ちを伝える!コミニュケーションしたい気持ちがあれば、最高ですね〜!
Posted by ジーマ at 2006年01月05日 05:16
▽akikoさん
フランス語の法則の多さにはほんと閉口ですね-"- 英語の何倍あるんだろう??

お互いがんばりましょう^^/

▽koatorugoradoさん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします^^
koatorugoradoさんのシブい日本の写真も楽しみにしてます^^なんだかなつかしー気持ちになるんだなぁ。

▽ジーマさん
画像でインプット??意味がわかりません。
「耳から」覚える人もいれば、そうじゃない人もいると思います。
今後、記事と関係ない冷やかしや宣伝と思われるような発言は削除させていただきますね。
Posted by ナオカ at 2006年01月05日 06:12
英語、私本当にだめなんですよ・・・
でも、、将来外国移住するにあたり、英語ができたほうが仕事に有利かなあなんて思い、そろそろ本腰いれようと思っていたんです。

難しいことをやろうとせずに、昔習ったところから復習していくような感じでやっていけばいいのかもですね^^ちょっとやる気がでてきました。

フランス語も上達させないとな・・・・^^;;;めちゃくちゃなんで^^;;;;

Posted by ぶるちゃん at 2006年01月05日 09:21
私は、『まずは耳から派』です。

記事とはちょっとずれますが、
私の弟の友人に、人間業とは思えないようなすごい人がいて、
彼は参考書でもぱらぱらーっと斜め読みすれば、
全て覚えてしまうんです。
イメージで捉えるから、忘れないんですって。
(どうすりゃいいんだよ?)
こんな調子で、英語、アラビア語、ドイツ語、フランス語、中国語とぺーらぺらだそうです。。。。
IQ判定も「計測不可能(高すぎて)」だそうで。。。

なんじゃ、こいつ。でしょ?
速読、私もしようか?と一瞬考えましたが、
「単語はイメージか!?」と無理矢理、彼の教えにならって覚えることにしました。
が、元々そんな事をしていない私に、
すぐにできるわけないんですけどね〜・笑

なんと言っても、自分の努力ですよね。
言語だけじゃなくて恋愛も、何でも。
ぼちぼち、のんびり、マイペースで行きます。

>お互い「英語が第二外国語」というほうがラクなような気もします。

これ、私も分かります!
Posted by umi at 2006年01月05日 21:44
▽ぶるちゃん

フランス語、勉強してみて思ったけど、
これって、伝わればいいんですよねっ!!^^;;;;
ぶるうさん、わたしよりは死んでも(これ死語?)できてます・・・

そうだ!前に記事に書いていた“アマン”てやつ、あれ、女の場合は“maitresse”です・・・ね??(←最近学校でやった)
男性名詞アマンなのに、勘違いしちゃったぶるうさん、実は相当・・・待ってたのねねねね????って思ってしまいました(笑)
と、わたしの場合は男性名詞・女性名詞の区別もあやしいのですが・・・。
鋭い突っ込みに座布団一枚!!(←ひとり突っ込み)

▽umiさん

す、すっごい人だぁっ!!!
こんな男子が横にいたらすぐ惚れちゃいそうですね(笑)←ちがうって
Posted by ナオカ at 2006年01月06日 06:55
>あれ、女の場合は“maitresse”です・・・ね??

そうそう^^;そうなんですよ。女の場合はmaitresseですぞ。
我がバカップルの流行フレーズ「愛人がいるんでしょ?」(相手の携帯メールの着信がなったときに使う。もちろん冗談でですよ^^;)があるのですが、このフレーズの時、私はいつもamantを使用する為、まるで夫は”あっち系”の人のような感覚です・・・・^^;
っていうか、なんていう流行フレーズなのだ・・・^^;;;;
Posted by ぶるちゃん at 2006年01月06日 08:38
▽ぶるちゃん
>流行フレーズ「愛人がいるんでしょ?」(相手の携帯メールの着信がなったときに使う。もちろん冗談でですよ^^;)

最高っ!!!!!しかもぶるうさんもamantを使っているところが!!!!!
ほんとにおもしろい夫婦さんです・・・。こんど亡霊のように横にいて、おふたりさんを観察してみたい・・・・。
Posted by ナオカ at 2006年01月07日 03:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。