2009年09月29日

オンフルールとドーヴィルへ Honfleur et Deauville

290909_01.jpg


この方といっしょに、ノルマンディーのオンフルール Honfleurという街を訪れました。


280909_06.jpg


ノルマンディー地方の北のほうは大西洋に面しています。そのセーヌ河河口にある古い港町のオンフルールは、印象派画家ウジェーヌ・ブーダンの故郷。その影響で、モネやセザンヌがこの街を訪れ、絵を描いたそうです。


280909_07.jpg


この木の模様が伝統的なノルマンディーの建築。
古い木造の家並みがつづきます。


280909_08.jpg


オンフルールの街のなかは小さな店が続き、


280909_10.jpg


ランプのお店や


280909_09.jpg


猫の餌皿を売っている店も。これ、木彫りですね。


280909_05.jpg


港口で立ち寄ったカフェでもおとなしいティンティンとシュリちゃん。
ティンティンは横に座っている人に頭をなでられると、膝に手をかけて愛想をふりまいてました。



もう海岸はすぐそこですが、さらに北上してドーヴィル Deauvilleまで行ってみることにします。


290909_02.jpg


パリから急行列車でも車でも2時間でこられるドーヴィルは、昔からのパリジャンのリゾート地。土日はパリナンバーの車で渋滞するほど。
海岸につづく道には高級ブティック店が並んでいます。


290909_03.jpg


ノルマンディー式フェラガモや、


290909_04.jpg


ディオールもしっかりノルマンディーになってます。


すこし散歩したあと、お隣の街トルーヴィル Trouvilleの以前こちらでご紹介した海辺のレストランへ。


290909_05.jpg


ここまできたらやっぱりこれを食べないと。
海の幸の盛りあわせ。だいぶお昼の時間をおしていたので、もくもくと無言で食べつづけ・・・わたしの前に座っていたこの方は、急いで貝を食べて口のなかをちょっと切ってしまったようですよ。笑


290909_06.jpg


小さな建物が立ち並んだオンフルールとは対照的に、豪華な邸宅の並ぶトルーヴィルの海辺は、散歩していても飽きないですね。


290909_07.jpg


この一、二週間で、蔦もずいぶんと紅くさまがわりしてきました。


290909_08.jpg


シュリちゃんとティンティンも、海辺の散歩、楽しめたかな?


290909_09.jpg


ノルマンディー観光を終え、うちのサロンでちょっとひとやすみ。
しかしシュリちゃんは絵になる犬ですねぇ。シュリちゃんがソファにあがると、Sonaさんとわたしはサッとカメラを用意。パシャパシャされてゆっくりお休みできません。
シュリちゃんが休めない!と、セバさんに、とうとう“パパラッチ”呼ばわりされてしまったSonaさんとわたし。


290909_14.jpg


シュリちゃんごめんね、といいつつもう一枚。
かわいいのは罪つくり・・・(と人のせい
ヨッヘンさんも、カメラを手離さないわたしとSonaさんと見てあきれ顔。


そのころリラさんは・・・


290909_11.jpg


階段のうえからしたのようすをうかがっているようです。
怖くないからリラさんおいでー。


290909_10.jpg


セバさんが食べているものをねらっているティンティン。
日がとっぷり暮れて、長旅のあとでも元気元気。


290909_12.jpg


うろうろして、わたしのスリッパなどをかじって遊んだあと、
Sonaさんの膝のうえで、やっとおねむになってきたもようのティンティン。


290909_13.jpg


シュリちゃんはソファのうえでもうスヤスヤ寝ています。
ふたりとも、いちにちお疲れさま。



なんかえらく長いブログになってしまって申し訳ないですがあと一息。

今回、Sonaさんとヨッヘンさんからドイツ土産をいただきました。


290909_15.jpg


ドイツのハムやエッセンのバームクーヘン、そしてドイツビールファンのわたしに、めずらしいドイツビール。うう、うれしい。
これは、同じくビール好きの、向かいに住む家づくりの達人・マーセルおじいさんと、作業の合間にいただきたいと思います。


290909_16.jpg


お仕事でよくロシアに行かれているヨッヘンさんからマトリシュカや、ロシアのはちみつなどをいただきました。
子沢山に恵まれるようにとつくられたこのロシアの伝統的なこけし人形は、あけてもあけてもまた人形、ぜんぶで9個入ってました。


290909_17.jpg


引っ越してきてからまだ家具も足りずどうにも片づいていない家なので、食器棚に座っていてもらうことにしました。


また4人で元気に遊びに来てくださいね。



------------------
前回の『ドイツからやってきた!』 はこちら
わたしたちがドイツ・エッセンに行ったときの記事はこここここれ
Sonaさんのブログはこちら


posted by ナオカ at 18:20| パリ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | フランス国内外旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ノルマンディーの建物に魅了されてしまいました。
有名ブランド店もノルマンディーならではの
趣のある建物。
海の幸の盛りあわせも美味しそう。

ドイツからのお友達との素敵な時間が持てて
よかったですね。
そちらは陸続きなのでいいなぁ。

リラさんの様子がとても可愛かったです。
Posted by 大福餅 at 2009年10月01日 22:15
▽大福餅さん
こちらは陸続きですが、やっぱりドイツからは時間がかかります。またパリは東京のように、距離はそんなになくてもやはり混むので、6時間以上運転してこられたそうです。ほんとにお疲れさまでした、と思いました。

リラさんは、ちゃんと犬が家のなかにいるところを見たと思うのですが、ちょっと下に降りて来たりもしたので、もしかしたら犬はあまり怖くないのかもしれません。猫は猫のほうがニガテなのかな?どうなんでしょう。
あいかわらず、知らない人はすごく怖いみたいで、じっと屋根裏に隠れていますが;リラさんの怖がりは生まれつきなようです。
Posted by ▽大福餅さん at 2009年10月05日 19:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。