2009年11月27日

カンパーニュの隠れ家的レストラン

261109_02.jpg


セバさんの誕生日にレストランに行ってきました。


261109_01.jpg


このレストランはノルマンディー様式のつくりのホテルのなかにあって、こんな感じ。


前に来て驚いたのが、コースで頼むアントレ・メイン・デザートの合間にたくさんの小さなサプライズ・インターバルがあって、料理を待っているあいだ退屈しないということ。


261109_03.jpg


アントレを待つあいだに運ばれてきた一品。
見た目はクレーム・ブリュレ。ちゃんとフランべもしてあります。
一瞬、デザート?的ですが、これはフォアグラのムース。


261109_04.jpg


アントレはタイムで香りづけしたランゴスティンのクリーム煮。
ランゴスティンは大ぶりなエビでこのへんで食べるときもよくでてきます。
ノルマンディー産のクリームを使ってあって、上品な味でした。


この店のいいなと思うところはサービス。
わたしたちが食べ終わると、いいタイミングでお皿をさげにきます。
そしてテーブルにくるたびに、水やワインをグラスに注いでいく給仕。


261109_04_01.jpg


アントレが終わり、メインを待っているあいだに運ばれてきた小さな果物のシャーベット。あまり甘くなく、消化にいいそうです。


261109_05.jpg


セバさんがメインに選んだのは、ホタテ貝のブローシェット(小串)と鴨のささみ・アボガドクリーム添え。
ひとくちもらいましたが、ホタテはぷりぷり。巻かれたベーコンの軽い塩味ともマッチしていておいしかったです。


261109_06.jpg


わたしが選んだのは仔牛のロニョン。ロニョンはわたしもたまにお店で買って料理しますが、腎臓なんです。なので、歯ごたえがあります。ソースはブドウとマスタードでつくられたものなそうですがぜんぜんわからない感じ。
前回もそうでしたが、メインをさまざまな付け合せの野菜料理が取り囲んでいます。手前に見える、なんというのでしょうかこれは、じゃがいものお惣菜が昨日は特に気に入りました。


だいたいこのへんでもうお腹いっぱいに・・
チーズの盛り合わせから数種のチーズをちょこっとだけいただいたあと、


261109_07.jpg


デザート。"3つの味の"というのに魅かれてクレーム・ブリュレを選びました。
ラベンダー、ローマリン、コクリコ(ヒナゲシ)のクレーム・ブリュレ。こう並べてみるとなんとも珍しいですね。3つともとってもおいしかったです。ちなみに今日頼んだコースはそれぞれ43ユーロのもの。飲み物を入れて109ユーロのお会計でした。


このレストランのシェフは、小さなものをいくつもいくつも、ほんとに丁寧につくるな、と感心してしまいます。なんでも、以前働いていたレストランでその丁寧さと料理の上手さに客があつまり、そこをやめて自分のレストランをここにつくったそうです。今来る客の大半は、以前彼が働いていたレストランから流れてきた人だとか。

大きな声ではいえませんが・・・と給仕が告げたのはたまに店にくる有名人の名前。パリのような都会でもなく観光地でもないひっそりとした場所で、こんなおいしいものを食べさせてくれるレストランがあるのか、とつい思ってしまいますが、その考えは逆かも、ですね。現地の人や地元の人しかほとんど来ないところだからこそ、なのかもしれません。

パリからはずいぶん距離があるかもしれませんが、ここはホテルもノルマンディー式でかわいらしいです。もしこのへんを立ち寄られることがあったら、ぜひおすすめしたいお店のひとつです。

-----------------------
Le Moulin de Balines
Route de Paris RN.12
27130 Balines
Tel. 02.32.39.40.78



posted by ナオカ at 17:41| Comment(16) | TrackBack(0) | パリの食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セバさん、お誕生日おめでとうございます!
これからも、ず〜っと変わらず、ナオカさんとリラさんに囲まれて、健康で仲良くお過ごし下さいね。
それにしても、豪華で美味しそうなお料理の数々ですね!私も食べたいなぁ〜!(笑)
Posted by Sona at 2009年11月27日 23:04
セバさんお誕生日おめでとうございます。
(^^)

私も、こういうお店でお食事したいわぁ。
まさに穴場&隠れ家レストランって感じですよね。
憧れちゃう。
写真も綺麗で、ご馳走様&大満足って感じです♪

そうなんですよね、紅茶もカフェイン入っているんですよね。
気にしないで夜も飲んじゃいますけど。
初心者で開拓中なので、こちらこそ教えてください。
温かい飲み物が美味しい季節になって嬉しいですね。

Posted by マリー at 2009年11月27日 23:43
セバさん、お誕生日おめでとうございます★
セバさんも11月生まれなんですね^^

今HPを見てきましたが、とってもラブリーな佇まい、そしてコース料理の内容が凄く充実していて良い感じですね♪
本当ならもっとお値段とってもよさそうな位なのに(勿論ラグジュアリーな価格ですが、もし同様のコースをパリやうちの近所でとなると・・・基本"不味くても"凄く高いので…笑)
サービスもタイミングよくだなんて、最高ですね。
ナオカさんの表現力のお蔭で味のイメージも膨らみました^^いつか必ず行って見ます!!
Posted by bio at 2009年11月28日 08:20
へ〜〜そうなんだ!セバさんも11月誕生日なんだ〜
おいらと同じだったんだね♪オメデトウございます。

美味しそうに写真を写してあるんでこっちもよだれが出ちゃいました〜。

ナオちゃんは良いな〜世界のお料理口にする事が出来て
Posted by はっするうらら at 2009年11月28日 21:16
こんばんは。
夜中にこんなおいしそうなお料理をみて、何か食べたい!でもダメ。
今年の年末年始は夫と娘がスペインに行きます。
わたしは事情があって、お留守番。
でも次回は自分の行きたいところに行こうと思っているので、ナオカさんおすすめのお店に行こうと決めています。
新しいおうちもいろいろと片付いてきているようですね。
わたしも暖房費の倹約のため、新しいひざかけとルームシューズを買う予定です。
でも倹約というより、寒さ対策なんですよね。
今夜もすっごく寒いですよ。
当然水たまりは凍ってます。

Posted by rosso at 2009年11月29日 01:55
お誕生日おめでとうございます♪

素敵なお料理に、私はもちろん夫も釘付けでした。
(夫はフランス料理を作っているので…。
なので新婚旅行もフランスだったんです。)

ロニョンをご家庭で調理されるとは、と驚いていました。
下処理が大変だそうで…。でも、一度食べてみたいです。
クレームブリュレもおいしそう!
コクリコの味ってどんなのでしょう♪

私もよだれが…(笑)
Posted by shima at 2009年11月29日 15:34
セバさん誕生日お誕生日おめでとうございます。
隠れ家的なレストランでお食事、私もこんな素敵なレストランでお食事したいです。
漆喰の壁と、古そうな木の梁が素敵で雰囲気がいいですね。
フォアグラのムースが気になりました。
本当にクレーム・ブリュレみたい。
デザートの3種のクレーム・ブリュレも憎いです。
食欲の秋なので、よだれものでした。
久々に美味しいフレンチが食べたいです。
Posted by 大福餅 at 2009年11月29日 21:39
▽Sonaさん
ありがとうございます^^
ほんと、こういうレストランにいくと、わたしのつくる大柄な料理とは正反対で、生まれ変わってもぜったいに料理人にはなれないな・・・と実感してしまいます(誰も期待してないけど^^;
前と比べてちょっとメニューが変わっているようでした。メインに蓋がついていて、いっせいに開けてくれるサービスは健在でしたよ^^
Posted by ▽Sonaさん at 2009年11月30日 03:27
▽マリーさん
ありがとうございます^^
マリーさんは夜も紅茶を飲めるんですね!わたしはどちらかというとコーヒー党で、若いころは夜中にコーヒーをがぶがぶ飲んでも平気でしたが、今はぜんぜんダメです。昼3時以降はカフェインの飲み物は飲まないようにしてます-"-
以前は紅茶にねりしょうがを入れて飲んでいたこともあるなぁ。カラダがあたたまるし、新陳代謝も活発になってダイエットにもいいそうです。お味は・・・・・よかったらいちどお試しくださいませ。笑
Posted by ▽マリーさん at 2009年11月30日 03:30
▽bioさん
こんにちは、ありがとうございます。
そうですね、セバさんはbioさんとお誕生日がちかいですね^^
なんどか行った星つきのレストランのサービスもいいのだけど、このお店のサービスはなんだかあたたかい感じで気に入ってます。
いつか行ってみてくださいね^^
Posted by ▽bioさん at 2009年11月30日 03:34
▽はっするうららさん
ありがとうございますー^〜^
・・・思いましたが、わたしはどちらかというと日本食難民かもしれないです。お寿司系(といってもどんぶり系でネタも毎回同じですが)は最近家でつくるようになったのでなんとか難民をまぬがれたか?というところ・・・ほかに食べたくなるのはやっぱり本格的ラーメンですね。インスタントは売られているのを買ってますが、ちゃんとしたラーメン屋はパリのある一角にしかありません。
ということで、日本に帰ったときは、うちの妹もずっとラーメンを食べるはめになってます。涙

Posted by ▽はっするうららさん at 2009年11月30日 03:39
▽rossoさん
やっぱりひざ掛けとルームシューズ使われてるんですね。
ご主人と娘さん、スペインに行かれるんですか〜。いいなー。場所はどこかな?バルセロナは海のほうで冬でも温暖と聞いてますがマドリッドはやはり寒い!ようですね。
わたしはスペインは行ったことがないのですが、ポルトガルで海鮮物を食べたときはよだれものでした。カニとかおいしかったのできっとスペインはもっと・・・
お土産話が楽しみですね^〜^
Posted by ▽rossoさん at 2009年11月30日 03:42
▽shimaさん
こんにちは、ありがとうございます^^
ええ、ご主人フランス料理のシェフさんだったとは・・・見てくださったなんてなんだか恥ずかしい -_-*
ロニョン、下準備たいへんなんですか?わたしはレバーと同じぐらいの下準備しかしてないかもです。汗汗 なので気軽に買って炒めてサラダに乗せちゃったりしてるのですが。超自己流ですが。笑
クレームブリュレ、ラベンダー、ローマリン、コクリコという風味は最近はやりのようなんですよー。
shimaさんはもしかして、ご主人にご自宅でフランス料理つくってもらえたりするんじゃないですか?うわーいいなー。お料理習いたい。笑
Posted by ▽shimaさん at 2009年11月30日 03:46
▽大福餅さん
ありがとうございます。
低めの天井と大きい木の梁が突き出ているのがノルマンディーの家のようです。木のどっしりとした感じ、なんだかあたたかみがあって素朴でわたしも気に入ってます。
前に住んでいたアパートがノルマンディー式だったんですよね。引っ越したあとに知ったのですが。笑
フォアグラのムースはほんとに軽い感じで量もちょうどよくおいしいですよ。こういう小さい料理がたくさんあるフレンチは日女性にウケそうですね。
食欲の秋、わたしもついつい甘いものをたくさん食べてしまってます。あーでもラーメンとか食べたいな〜やっぱり。笑

Posted by ▽大福餅さん at 2009年11月30日 03:52
うっっっ

これでその値段はすごい安い!
ボーヌの小さな町で入ったレストランの21ユーロのコースを思い出してしまいました。
セバさんも、写真でちらっと写っていたけど、前にうちに遊びに来てくれたときと比べて、貫禄がついたというか、なんかこう、大人!!!って感じ!華奢な繊細な樹が、大木になった感じ???
セバさん、お誕生日おめでとうございます!!!
Posted by beba at 2009年12月02日 09:38
▽bebaさま
beba、ありがと〜!
ボーヌのレストラン21ユーロのコース・・・わたしもぜひ行ってみたい〜。
セバさん、大木になったかな^^;
そのまま伝えたら喜んでたよ^_^v
Posted by ▽bebaさま at 2009年12月05日 05:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134063550
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。