2006年02月21日

ブルターニュ地方、カルナック

週末は、フランス・ブルターニュ地方のカルナック(Carnac)というところに行ってきました。
ブルターニュ地方はフランス最西端の地方。放牧が盛んなため、バターをふんだんに使った郷土料理が多く、また海が近いため魚介類も新鮮です。
パリから車で5時間ほど。日帰りはすこしきつい距離ですが、パリでは食べられない新鮮でおいしい食べ物がいっぱいです。

着いた日の夜に行ったお店は、海まで歩いて5分という場所にあるレストラン「La Calypso」。
ホテルの人が教えてくれたのですが、入り口にゴーエミヨ(レストランのガイド誌)のサインがありました。雑誌フィガロでも紹介されたというお店。
Bretagne carnac01.jpg 

お通しででてきたのがこれ。日本語ではタマキビ(?)というのでしょうか、1.5cmくらいの小さい貝。キュッとしまった味でおいしかったです。
Bretagne carnac02.jpg


「Plateau de fruits de mer」。カニ、海老、カキ、アサリ、貝がたくさん。ひとり分と聞いていたし、アントレ(前菜)のつもりで頼んだのですが、セバとふたりでこれを食べたらもうお腹いっぱいになってしまいました。これ、直径40cmぐらいあるんですよ。これで33ユーロ。すべて新鮮で味がよく、特にカニには感動しました。とってもお勧めのメニューです。
Bretagne carnac03.jpg

Bretagne carnac04.jpg


釜で焼いているのがわたしたちのメイン、カレイです。
Bretagne carnac05.jpg

店内のつくりはブルターニュ地方の代表的なもの。
Bretagne carnac06.jpg


レストランのスタッフは感じがよく、ブルターニュ地方特有のアクセント、パリジャンにはない押しの強さと気さくさで、ほんとに楽しい雰囲気の人たちでした。
パリでは星のついたレストランでもあまり感動したことのなかったわたしですが、
このレストランでは、3時間かけてゆっくりディナーをとっているフランス人ばかりで、その中でゆっくり食事をしていると、フランス人のおいしい食べ物や食事に対する執着心をもつ気持ちがすこしわかったような気がしました。

次は、旅行2日目のことを書きたいと思います。


レストラン「La Calypso」
Restaurant de poissons, homards et viandes grillés au feu de bois.
158 rue du Pô 56340 CARNAC
TEL 02 97 52 06 14

ranking.gif ←こちらに応援クリックお願いしますぴかぴか(新しい)
posted by ナオカ at 01:58| パリ ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | フランス国内外旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいな〜 フランスはお料理がおいしくて♪ ・・ドイツも美味しいものは沢山ありますが。。やっぱりフランスとまではいかないっ!
日本で好きだったフランス家庭料理のお店を思い出して行きたくなりました。
でもやっぱり本場フランスでナオカさんみたいにゆっくりと舌鼓をうちたいところですね☆
Posted by mayu at 2006年02月21日 04:22
おいしそうぅぅぅ、じゅるり。。。(。・ρ・)
食べ物もおいしくって、店のつくりもステキで、
スタッフも感じがよいレストランに、最愛のセバさんと
一緒に行けるだなんて、ナオカさん幸せモノーー(≧∇≦)
あ〜、カニ食べたい。。。サンシャイン水族館で
見たきりだ。。。
Posted by りゃむ at 2006年02月22日 00:25
日本より帰ってきて、一月ぶりに遊びに来ました♪
いろいろつらいこともあったようですね・・・うちの相方も、私がつらいとき私を抱きしめてはくれますが、やっぱり外へ行こうとか、友達と会えとか言います。
私は全然そんな気分じゃないのに!って冷たい男だと思ったこともありますが、影で私の為に涙を流していたようです。
彼にとっては、元気に振る舞い、違うことに目を向けさせること。それが精一杯の優しさなんですね。
ほかの家族も割りとそんな感じです。フランスと日本の違いかしら??
Posted by サラ at 2006年02月24日 19:28
▽mayuさんへ
去年、Strasbourgに行ったときに、Badenbadenにちょっと入ったんですね。(知ってるかなー?スパで有名なところ)
そこのレストランでサラダを食べたのですが、フランスのサラダとは感じとか味付けがまたぜんぜん違った感じで、おいしーおいしーと言って食べたんですよ。^^
ヨーロッパはお隣の国でもそれぞれ特色が違っていて、なんだかおもしろいですよね^^
Posted by ナオカ(mayuさんへ) at 2006年02月25日 06:39
▽りゃむさんへ
サンシャイン水族館!!懐かしいー昔行ったなー^^
りゃむさんも最愛のmogさんといろいろなところに行っていて楽しそうですねーー☆
お幸せに☆☆
Posted by ナオカ(りゃむさんへ) at 2006年02月25日 06:49
▽サラさんへ
サラさん!お久しぶりです。お帰りなさい!^^
コメントありがとうございました。

>彼にとっては、元気に振る舞い、違うことに目を向けさせること。それが精一杯の優しさなんですね。

そうなんですね。そのとおりなんだと思います。
いっしょに暗くなっていたらどこにも行けないですもんね。
フランス人だから?というのはわからないけれど、サラさんとこのご主人もうちのセバも、前向きっていうんですかね、知らないところでたくさん助けられているのかもしれないですね^^
Posted by ナオカ(サラさんへ) at 2006年02月25日 06:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

雑誌、フィガロの誘惑
Excerpt: 今回のフィガロ、パリでしたね。 フィガロを見ると行きたくなる病発生してしまう。 買うべきか、買わざるべきか。 特にプチホテルあるいはアパルトマンで、パリジェンヌな暮らしをいつかは..
Weblog: ハーバード流鬼ヨメ日記☆ これからも二人三脚留学準備中
Tracked: 2006-03-23 11:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。