2010年01月08日

Kir RoyalとかGalettes des Roisとか

060110_07_01_01.jpg


年末年始はとくになにをするでもなく、どこかに行こうか〜と言いながら天気もすぐれず、家のちかくをうろうろしていたりしたぐらいな感じでした。


060110_14.jpg


ノルマンディーに引っ越してきてはじめての冬、年越しなわけで、車でちかくの自然のあるところまで行き、散歩していたりすると、


060110_07_02.jpg


突然メェーメェー!!とか音がしてびっくりしたりとか、、笑


060110_05.jpg


街を流れている川が、ある大きな池(湖といったほうがいいぐらい大きいんだけど)につながっていて、全部凍結していたりとか・・


060110_07.jpg


この木はわざとこうカットされていると聞いたけど本当なのかな??


060110_01.jpg


近所の友人宅にアペリティフを飲みに行ったりとか。
これ、すごい歴史的なカウンターじゃないですか?笑 ↑


060110_04.jpg


クリスマスのすこし前から、まぁいったいどれだけのシャンパーニュを飲んだのでしょうか。うちも今年は来客があったり、新年を迎えるときには、とシャンパーニュを買いましたが、なんと8,9ユーロ。こんなに安価なシャンパーニュがあるとは!


060110_02.jpg


こちらは友人宅のシャンパーニュ。
ラベル見えます?“スペインのシャンパーニュだよ!”
というので、ほ〜珍しい〜と思ってラベルをしげしげと眺めましたが・・・あれ、待てよ?確かにスペイン語だけど・・・
シャンパーニュはフランスでしかとれないじゃないか。汗
・・・よく考えてみたら、ただスペインに輸出されていたフランスのシャンパーニュでした。笑


060110_02_01.jpg


実はシャンパーニュはそーんなに好きじゃないんですよね。なんか、あの独特の辛みというか、種類にもよるんだろうけど。
そういう人が多いのか?なぜかみんな好むのはこのキール・ロワイヤル。
クレーム・ド・カシスというリキュールをすこし入れて、


060110_03.jpg


シャンパーニュをなみなみと入れて泡だたせます。
これは甘すぎず口のなかで軽くサーッと泡がとけほんとに飲みやすい。
なぜかみ〜んなこうやって飲んでました。笑
このキール・ロワイヤルは一杯飲んだだけで毎回酔ってしまいます。

シャンパーニュは開けたらすぐ飲まなきゃなので、あまっているボトルが冷蔵庫にあると、“うちにアペリティフ飲みにこない?”ということになり、友人宅とじぶんの家を行き来してこれを毎日飲むようなことになったりしていた年末年始。笑


060110_11.jpg


1月3日には、わたしの住む街で新年パーティーみたいなのがありまして(こんなのはじめて)。なんか招待のカードがきいていたのですが、そこに“ガレット・デ・ロワ(食べ放題)”と書いてあったのを見ていそいそとでかけました。
すると、町長から新年のあいさつがあったり、誰かの表彰があって記念品をあげたりとか(超ローカルですね。笑)、
終わりごろには、すでに準備されたテーブルで、がさごそと市のスタッフがワインをグラスにつぎだし、


060110_12.jpg


みなわらわらと、ガレットと白ワインをいただきはじめました。


060110_13_01.jpg060110_13.jpg


これが長方形のかたちに焼かれたガレット・デ・ロワで、一切れも大きく、まだほんのりあたたかくておいしかったんすよ〜

老若男女、みんな頬をほころばせて飲み食べしている光景はなんだか楽しかったです。


060110_08_03.jpg


うちでもちょっぴりガレット・デ・ロワ買いました。小さいの。


060110_08_02.jpg


街のパーティーといれると3回ほど食べることになったので、今年はこれでごちそうさまです。
レシピを見ると、なんだかとってもシンプルなのでこんどはつくってみようかな〜と一瞬思ってみたりもしましたが、シンプルなやつこそパイが命な感じですよね?難しかったりして。


まぁそういう感じで、ちょっとお腹が疲れぎみな感じ(?)の年のはじまりでした。みなさんの年始はいかがでしたか?



posted by ナオカ at 23:01| Comment(4) | TrackBack(0) | フランス田舎生活あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナオカさん ご無沙汰です♪
今年も宜しくお願いします。

我が家の年末年始は散々で、新年早々「怒」まくりで始まってしまいました^^;
なぜかって、斜め上のアパートの住人がバルコンで打ち上げ花火やり始めてしまって、我が家まで煙臭くなってしまったり、若い衆がへんちくりんな曲を外で大声で歌いまくったり^^;
騒音が凄かった・・・

ノルマンディってパリから離れているのかしら?
比較的のどかで気持ちよく過ごせそうな土地ですね♪

ガレット、手作り成功したら是非記事にしてください!
私の場合、仮にスーパーでパイ生地を買ってきて作ったとしても、大失敗する予感です^^;
先日もサブレ生地、縮んでしまって唖然としました・・・
Posted by ぶるう at 2010年01月10日 07:17
ガレットってパイの中に何か入ってるのかしら?
キール・ロワイヤルがおいしそう…
ご近所だったらいそいそと出かけてシャンパンの残りを飲みにお邪魔するのに…
この集まりはまるで、町内会の新年会のようなものですね。
日本とは違って静かなお正月なんですね。
Posted by rosso at 2010年01月13日 18:09
▽ぶるうさん
こんにちは、こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします^^
賑やかな年越しをされた・・・んですね?笑 こちらはとっても静かでした。涙
ノルマンディーも北と南と広そうですが、わたしのいる南のほうはパリのあるイル・ド・フランスのお隣の県になるのかな。近いような遠いような。笑
パイ生地、市販のやつは焼くと縮みますよね?超気にしてませんが、言われてみると・・・。まぁいいんじゃないでしょうか??笑 ガレットつくるまえにりんごの消費でそこまでいけなさそうです。涙 ぶるうさんはサブレ生地でどんなお菓子をつくったのかな〜?


Posted by ▽ぶるうさん at 2010年01月14日 05:56
▽rossoさん
ガレット・デ・ロワはいろいろな味がでていそうですが、ふつうはアーモンド・パウダーでつくられたペースト状のものでしょうか。これが、聞くまでアーモンドとわからなくて、なんだかただ異常においしいものだな、とびっくりしていた記憶があります。笑
静かなお正月、年々と慣れてきた気がしますが・・・カウントダウンが終わるともう静まりかえる街をみると、やっぱりちょっと寂しいですね;
キール・ロワイヤルは、シャンペンじゃなくてもふつうのスパークリング・ワインでもなかなかおいしいのでぜひお試しくださいませ♪
Posted by ▽rossoさん at 2010年01月14日 06:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137776542
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。