2010年04月05日

家ごはん

050410_01.jpg


日本で食べた家ごはん。


こちらは、買ってきた丸ごとのアジを義弟が家でさばいてくれたもの。
魚をさばけるってすごいですよね。わたしはこちらでお寿司をつくるときに、やっと生サーモンの切り身の皮をはげるようになったところなのですが。笑


050410_15.jpg


あとは天ぷらとか、


050410_16.jpg


おっきな帆立とか。
まわりに見えているのは、、、こちらもおいし〜い日本のお酒。笑


もうなにを食べてもおいしくて毎日がご馳走!という感じでした。


あ、これも。


050410_02.jpg


波乗りジョニーというお豆腐。
名前は耳にしていたのですが、昨年日本に帰ったときにはじめて食べてから病みつきに。
ずっと前におぼろ豆腐にはまったことがあったのですが。これは衝撃的でした。
お豆腐がこんなにおいしいものだったとは・・・、と。お醤油も塩もかけずにこのままいただきます。


050410_17.jpg


あたたかいごはんにすじことカキフライ。
もともと、たらこやすじこがあればそれだけでごはんを何杯も食べれてしまうぐらい好きなもので、毎日満腹になるまで食べてしまいました。


外食としては・・・


050410_03.jpg


うな重とか、


050410_11.jpg


ねぎとろと天丼のセット。笑


050410_12.jpg


それからこちら。
茨城県のブランド牛・常陸牛を使った、その名も「常陸牛ハンバーガー」。
さらにハンバーグが常陸牛のボロネーゼで煮込んであるらしい。
エノテカ ドォーロ プレミオという東京で何店舗かあるイタメシ屋さんの郊外初進出としてできたあみプレミアム・アウトレット店のみでテイクアウト販売されているらしいです。


050410_13.jpg


ひと口めはまるでビーフシチューを食べているような感じでした。
思いっきり歯型がついてしまうほど、パンがふわっふわ。
これはまた機会があったらぜひリピートしたい!と思いました。


・・・なんだか食べもの写真のオンパレードになってしまいました。


050410_14.jpg


妹宅のラルフは、あいかわらず元気でとっても甘えん坊さんでしたよ。


posted by ナオカ at 15:05 | TrackBack(0) | パリの食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。