2010年06月28日

祭り Fete Medieval




先週末は、住む街でお祭りがありました。





昼から露店がでたり、





ドンキーに乗れたり、






夜は、市庁舎横の広場で屋外スペクタクルも。





2時間半、出演者108人にわたる中世の演劇。
知人が出演していたり、聞いたことのある声がしたり、なんだか観客席はアットホーム。





スペクタクル終了後は市庁舎のところで花火が。





広場ではみな芝のうえに座り、息を呑んで見物。





パリに住んでいたころは、こういうのとかこういうのに行ったりしましたが、





今年の夏のはじまりは、徒歩で10分ほどのところで完全無料でした...





演劇のステージ、衣装、音響、俳優もみなボランティアでやっているそう。





フランスの田舎で過ごすはじめての夏のはじまりですが、なんか街の一体感みたいなのが気持ちよかったです。
関係者のみなさま、お疲れさまでした。





さて、これを終えたらいよいよバカンスシーズン。7、8月は逆にひっそりとしそうなこのへんです。




posted by ナオカ at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | フランス田舎生活あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すご〜い、これ全部タダで楽しめたんだ。
田舎ってそういうの太っ腹なのかな?
綺麗な花火を見て、演劇を見て、気分はすでにバカンス?
Posted by fuchsia at 2010年06月29日 06:05
▽fuchsiaさん
とはいっても、きっと税金とかかんとか・・・かも?笑
最近暑いねー。わたしはこの夏たぶんバカンスないけど気分だけはバカンスになるねぇ。笑
Posted by ▽fuchsiaさん at 2010年06月30日 07:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。