2010年11月17日

MURAKAMI VERSAILLES




妹が日本から遊びにきてました。





近いし、ベルサイユ宮殿へ。






ふだんはこんな感じのベルサイユ宮殿。
人の流れに沿って、順番に歩いていきます。





しかし今は、ムラカミタカシ氏の作品の展示がされているはずなんだけど、どこかな・・・
特にどこという表示はなかったし・・・





と歩いていると





天井の高い大きなホールに・・・





突如あらわれました。巨大なのが。





17世紀の、世界遺産に指定されている歴史的な建物の中で・・・





景色にまじりあい(?)、次から次へと・・・





あまり予備知識を持たずにいったので、それはそれは驚き・・・









ベルサイユ宮殿で目玉といえる鏡の回廊。
みんな写真を撮りまくってます。
と、奥のほうになにかが


IMG_7562.jpg






呆気にとられて窓の外をみると、





そこにも金ピカななにかが。





作品も多く、人も集まっていたので全部は写真撮れなかったですが











こんな感じに、メインの部屋に飾られ人々の注目を集めておりました。





このような表示がありひと通りの展示が終わったと思うと、





壁画があらわれ、


IMG_7643.jpg


最後にムラカミ氏オンリーのお部屋が。





反対運動や賛否両論はあったと聞いたし、初めてベルサイユ宮殿を訪れる妹からは、ちょっと宮殿自体の写真を撮りにくい、との意見もありましたが





わたしは、見慣れない風景にただびっくりし、次は何がでてくるのだろう?と最後まで楽しみました。


その後、マリーアントワネットのトレアノン離宮をちらっとまわって帰ったのですが





いやはや。
ここに展示を招待されたというムラカミ氏はすごい。





ベルサイユは宮殿のみではなく、すごく保守的な市なんですよ。
なんにしてもそうだと思いますが、新しいことをするときには反対は避けられないもの。
わたしがいうことではないでしょうが、村上氏にはこれからもがんばってほしいと思ってしまいました。





村上隆個展「MURAKAMI VERSAILLES」は12月12日までです。
いつもとは(カナリ)違ったベルサイユ宮殿を楽しみたい方はぜひ。


posted by ナオカ at 18:08| Comment(10) | TrackBack(0) | パリを散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ムラカミ氏の展覧会に行かれたのですね!
実は、私達も近々、展覧会を見にベルサイユに行く計画を立てています。シュリとティンティンも一緒に。前回も宮殿内は犬は禁止だったので、シュリとティンティンには、待ってもらいますが…。
そんなわけで、また日にちが決まったら、連絡しますね!
Posted by Sona at 2010年11月17日 19:04
▽Sonaさん
ちなみに、第一週目の日曜は入場料無料ですよ(^_-)b
このベルサイユ宮殿はヨッヘンさんのつぼに入るかも…笑
連絡お待ちしてます♪

Posted by ▽Sonaさん at 2010年11月17日 19:45
ベルサイユ宮殿懐かしいな〜。あれから46年前に行きましたよ。半日回って疲れた思い出があります。凄く明るくなったような・・。
Posted by はっするうらら at 2010年11月18日 17:28
かなり強烈ですね。
本当にいいの?って感じが・・・
でも面白いかも!
ベルサイユ宮殿とギャップがありすぎるところが。
妹さんとパリで過ごされてよかったですね♪
Posted by 大福餅 at 2010年11月18日 21:40
すごすぎですね。
私は、まだヴェルサイユには行ったことないので、ちょっと引ぃてしまいました。
もし、初めて行ったときにこの展示だったらショックかも。
でも、こういうことを許してくれるフランスって、やっぱり好きです。
もし、日本で、たとえば奈良の東大寺あたりでやったら、どうなるんだろう。意外と大仏さまと、かぶっておもしろいかも・・・とか考えながら写真に見入ってしまいました。

Posted by ヴィクトワール at 2010年11月19日 11:35
▽はっするうららさん
46年前ってすごいですね。
しょっちゅういろいろなところを修復してるんで明るくなったとか・・・。笑
Posted by ▽はっするうららさん at 2010年11月19日 17:05
▽大福餅さん
ほんと、本当にいいの?って感じですね。おもしろいです。
ベルサイユ宮殿には新たな客層が来ているかもしれないですねー。
Posted by ▽大福餅さん at 2010年11月19日 17:12
▽ヴィクトワールさん
現代アート、色もなにも全然ちがいますよね。
しかし展示の場所や見せ方も絶妙だったと思います。誰がココに置くと決めたんだろう?とそこからすでにおもしろかったです。
ふつうにふつうの会場でムラカミ氏オンリーの個展だったら全く違った印象なはず。
ほんと、東大寺とかでもこういった試みをしたらすんごい楽しいでしょうね^_^b
Posted by ▽ヴィクトワールさん at 2010年11月19日 17:16
うわわ〜
カイカイキキとベルサイユ宮殿のミスマッチ!あまりの可笑しさに笑ってしまいました!!でも金ピカオブジェや
マーブルチョコを連想させる色使いは
マリー・アントワネットが住んでいた頃のベルサイユ宮殿の「毎日が乱チキパーティ状態」をちょっと想像させるかも。。。

実は私、Paris市内のパサージュには
すっ飛んでいったくせにベルサイユ宮殿は
まだ一度も行ったことがないので(!)
次回フランスを訪れたら行ってみようかな?こういう面白いハプニングに
遭遇するといいんだけどなぁ〜
Posted by チャンティック at 2010年11月21日 23:24
▽チャンティックさん
>マリー・アントワネットが住んでいた頃のベルサイユ宮殿の「毎日が乱チキパーティ状態」をちょっと想像させるかも。。。

なるほど!おもしろい!

現代アートはいろいろなのを最近目にする機会があるのですが、おもしろいですよね。彫刻といっても想像する彫刻とぜんぜん違ったり。
プロアマ含め、いろいろなのがパリのいろいろなところで日々展示・公開されている気がします。次回楽しいのをまた見れるといいですね〜^〜^
Posted by ▽チャンティックさん at 2010年11月22日 02:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。