2007年10月02日

エール・フランス機内で dans l'avion d' Air France

わたしは日本に行くとき、だいたいエール・フランスを使っています。
理由は、マイレージがKLM・ノースウエストのものを使っていて、エール・フランスと提携しているのでマイルが加算されるから、
そして、もちろん直行で日本まで行けるからです。

フランスの航空機なので、機内アナウンスはフランス語、英語、日本語の順に流れます。
いつからか、日本に帰るときに、フランス語のアナウンスがどれくらい聞き取れるか、耳をすましていました。フランス語の次の英語のときに確かめます。そうしていましたが、ここ何回かの日本行きでは、はじめのフランス語の段階で、何のアナウンスかもうわかるようになりました。
機内で寝ているときに入るアナウンス、もうろうとしている頭で、ほうほう、そうなのね、と聞いていると、次に英語が流れたりして、あ、今のフランス語だったんだ、と、なんの言語か意識していなくても、頭に入っているのが不思議な感じです。それは、雑誌をぺらぺら見ているときでもたまにあります。アタマから読んでいて、ふと英語なのかフランス語なのか、途中で気づいたり。
わたしはまだまだフランス語より英語のほうがわかりますが、でもそんなとき、なんだか不思議な感じがします。

今回、日本から帰ってくる機内のなか、
はじめ、なんだか目の前のスクリーンがちゃんと動いてなかったんですよね。
エール・フランスなので、外国人のスチュワーデスさんはまずフランス人、と思いますよね。
歩いているスチュワーデスさんに、フランス語で「これ、動かないようなんですけど」と言うと、年は40代ころでしょうか、長身で脚の長いダーク色の髪をした彼女は、戸惑ったようすで、「何をしたいのですか?動きませんか??」と英語で言う。「いや、音楽を聴きたいのですが、この画面でだいじょうぶです。どこを押せばいいんですか?」と言うと、彼女はさらに英語で何かいい、じゃ、ちょっとリセットしてもらってきますね、と身振り手振りで説明した。
はて・・・・?もしかしてフランス語しゃべらない人だったかな・・・?と疑問が残った。
相手が何語を話すかわからなかったら、話しかけられた言葉で返すのがふつうですもんね。
ふたりがちがう言語で会話しているのは、こういう場合とても奇妙です。

次にそのスチュワーデスさんが歩いてきたときに、「だいじょうぶです、動きました」とフランス語で話しかけると、また彼女は戸惑ったようすで、また英語で返してきた。
そういえばはじめにアナウンスで、
『本日は、日本語とスペイン語を話すスチュワーデスが一名います』
ということを言っていたので、もしやフランス語を話さない人だったのか・・・でもフランスの航空会社でフランスに行くのに変だな・・・と考えておりました。

次に飲み物のサービスで彼女がまたまわってきたときに、わたしは、はて何語で話せばいいのか考えていました。
「英語かフランス語、どちらか話しますか?」
(英語だったら“Do you speak English or French?”
 フランス語だったら≪Est-ce que vous parlez anglais ou francais?≫)

と聞いてしまうのが一番はやい。この質問は、日本語で通常使う『話せるかどうか』という能力を問うものではないので“can”は使わない。ただ言葉を話すかどうかの単純な質問で、失礼なこととは考えられていない。
でもスチュワーデスにこちらが聞くのはなんだかね・・・。
わたしはヘッドフォンを外して周りのお客に何語で彼女が話すかを聞いてみることにした。
すると、しっかりフランス語で「何を飲まれますか?」なんて質問しているじゃないか!!
あの、戸惑ったような仕草はなんだったのか?!
もしかしてわたしのフランス語の発音が通じていなかったんだろうか、と一瞬思ったが、変な発音で話すお客にも慣れてるはずよね?
隣の女性のお客は英語で話していたので、わたしも「アップル・ジュース」と英語で言ったり、「ジュ・ドランジュ」(オレンジ・ジュース)とフランス語で言ってみたりした。すると、全部一回でわかってくれた。
はじめの戸惑いはなんだったのか・・・・その疑問は残るが、
遅れもせず、機体が揺れることもなく、着陸も静かで快適に過ごせました♪


posted by ナオカ at 16:46| パリ ☁| Comment(6) | フランス語のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はいつもルフトハンザを利用しています。そして、無謀にもチェックインの瞬間からドイツ語の勉強にと思いドイツ語で挑戦しています。機内でスチュワーデスさんに英語で話しかけられてもドイツ語で答えています。すると私がドイツ語が堪能だと勘違いされてベラベラベラと話が続いて、理解出来ずに”もう一度お願いします”と聞きなおすのですが、それが二回続くと、悲しいかなその時点で英語に切り替えられます。ほんとにトホホだけど、これからも続けようと思います。
Posted by Sona at 2007年10月02日 18:47
▽Sonaさん
ありますあります、ベラベラくるとわからなくなって「英語話しますか?」と聞かれるとき!
わたしは、普段の生活でもしつこくフランス語で、相手から英語を話すか聞かれるまでフランス語でやはり通しますね。向こうから聞いてくる場合はある程度英語を話す人ですしね。
がんばりましょうね、Sonaさん!

Sonaさんはルフトハンザを使われてるんですね。やっぱり直行便が疲れなくていいですよね。^^;

Posted by ▽Sonaさん at 2007年10月03日 10:42
まさか、このスチュワーデスさんは『この人フランス語話せるんだ〜日本人なのに〜』
なんて、時空を超えた思考回路を持ってるわけじゃないよね。
思い込みで、『日本人は日本語しか話せない・話さない』とかインプットされてたら・・・。
フランス人も『フランス語しか、話さない』と未だに思い込まれてるもんね。
日本人には決して言われたくないと思うんだ〜フランス人としては。 
セバさんどう思います・?(突然登場させてごめんなさい)
Posted by Izu at 2007年10月03日 14:44
▽Izuさん
うんうん、もしかしたら、フランス語話せないと思って接してたのかもしれないですよね。ちょっと思いました。
それか、アジア人をみると自動的に英語を発するようなクセがついているとか・・・笑
セバは、フランス人でも若い人は英語をしゃべるよ、とよく言ってます。確かに、医者でも若めの医者はけっこう英語話しますよね〜。
Posted by ▽Izuさん at 2007年10月04日 19:32
私もそういう瞬間を何度も経験してます。多分、こっちがチェコ語を話すなんて思ってもないから、すぐ理解できないのだと思います。外国人ばかりのレストランだと特にそうなります。職場では英語、というのが染み込んでいるのでしょうね。ま、私の発音が悪いせいもあるでしょうけれど。
ちなみに「英語話しますか?」と聞いてきたくせに、英語で話しても理解できなくて、向こうが途中でチェコ語に切り替わったこともあります。
私も…「あんたの耳ちょっとおかしいんじゃないの?」って思う派です(笑)。
Posted by 椿若菜 at 2007年10月05日 08:36
▽椿若菜さん
ぉお!若菜さんも、耳おかしいんじゃないの?と思う派なんですね。

・・なるほど、こっちがまさかその言語を話すと思っていないので戸惑うのかな。
でもフランスに入ってしまうとみなフランス語だから、そういうことはないんですよね。
空港とかそういう外国人の多い場所だと、やはり英語で話してきますよね。

「英語話しますか?」と向こうから聞いてきたのに、たいして話さない、というのはわたしもよくあります。相手もつまって、途中フランス語になったりするのですが、お互いのつたない2つの言語でなんとかコミュニケーションとれたりもしますよね。笑
Posted by ▽椿若菜さん at 2007年10月05日 15:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。