2007年12月20日

大好きなお酒 l'almagnac et le cognac


さて日本では、日本酒や焼酎を飲んできました。
フランスに帰ってきて、夜になると
なんとなく飲みたくなるお酒があります。


201207_05.jpg


アルマニャック。
耳慣れない方が多いかな?


201207_06.jpg


コニャック。
こちらは聞きおぼえがもっとあるでしょう?
そう、アルマニャックとコニャックは、フレンチ・ブランデーの二大銘酒なんです。
コニャックで知られるのは、
レミー・マルタン Rémy Martin、
カミュ Camus、ヘネシー Hennessy、マーテル Martellなど。
これ、フランス産だって知っていましたか?


201207_04.jpg


ガラスの小さなおちょこも使いますが、
このように、大きなグラスで飲むほうがいいですね。
少し注いで、手のひらであたためながら
ひとくち飲むと、じんわりと喉が熱くなります。


ブランデーといえば、その熟成度において
V.O.、V.S.O.、V.S.O.P、V.V.S.O.P.、X.O. などの等級に分かれます。
アルコール度数は40度以上。これも、ワインのように、
白ブドウからつくられ、樽で二年以上熟成されます。
まだ学生だったころ、V.S.O.Pとラベルにかかれたブランデーが
フルーティーでとてもおいしく感じられてよく飲んでいました。


この琥珀色が大好き。
味もまろやかで丸くて、
コニャックもいいですが、
わたしにとって、現在最高のお酒はアルマニャック。
熟成期間はコニャックと同じくらいですが、味がもっと深いのです。

フランスに旅行された方は、ぜひアルマニャックを飲んでみてくださいな。
寒い冬でも、ぽわっと体が一瞬にしてあたたまりますよ。


201207_07.jpg


ranking.gif ←こちらに応援クリックお願いします
posted by ナオカ at 06:08| パリ ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | パリの食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アルマニャック!?知りませんでしたー。なんか、名前から濃厚であまったるくっておいしそうですね。コニャックより香りが強いという感じなのですか?
グラスの後ろのクリスマスツリーが本物の木でうらやましいです。木の香りもクリスマスの香りですよね。
Posted by kurin at 2007年12月20日 14:35
アルマニャック!?知りませんでしたー。なんか、名前から濃厚であまったるくっておいしそうですね。コニャックより香りが強いという感じなのですか?
グラスの後ろのクリスマスツリーが本物の木でうらやましいです。木の香りもクリスマスの香りですよね。
Posted by kurin at 2007年12月20日 14:36
ナオカさんの好きなお酒がアルマニャックだったなんて!!
ビックリしました〜〜!
私は、実はブランデーがまったくダメです・・・。
香りだけで酔っ払ってしまいますの・・・。
ワインの資格を取るとき、必ずブランデー、スピリッツ、オードヴィー、
日本酒、焼酎なども出題されるのですが、
ワイン以外は、香りを嗅ぐだけにしないと酔っ払って問題を解けません・・・・。
あはははは・・・^^;
ナオカさん、大人だ・・・!!
Posted by Mon plaisir ☆ at 2007年12月21日 04:40
▽Mon plaisir ☆ さん
ワインの資格を取るときに、他のアルコールの問題もでるんですかー!
香りだけで酔っ払うってビックリしたのですが、それってほんとに飲んだときみたいにフラっとするんですか??
Posted by ▽Mon plaisir ☆ さん at 2007年12月22日 17:24
▽kurinさん
アルマニャックってここでもほんとに特別なようで、お店でも置いてなかったり、あっても1、2種類ぐらいだったりしますー。
kurinさんの予想通り、濃厚で甘くいです。
コニャックより味わいがあって、値段も高めですー。ぜひともkurinさんのお父さまに飲んでいただきたい〜〜!笑
Posted by ▽kurinさん at 2007年12月22日 17:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。