2005年10月27日

美少女好み。

数日前とはうってかわってあたたかい日和の今日のパリ。

さて、今日も元気にフランス語を勉強しに学校に行ってきたわたしである。

今のクラスは主に文法中心だが、教材を使ったリスニングや会話もする。
授業中、新しいことを習いながら、先生がいろいろな質問をして生徒に積極的に話させようとする。
しかし・・・この、「積極的に」というところがみそ。

今のクラスではベトナム人・中国人が4人いるが、アジア人はおとなしいよう。
あまり自分から発言しない。
それに比べてラテン国のメキシコ人・チリ人・ブラジル人のでしゃばりようといったら・・・
自分の知っていることが話題になったらすかさず口を開いてとまらない。なんでも言わないと気がすまないのかねぇ。特におもしろくもないジョークをなが〜く語るメキシコ人の男子一名!!おまえは発音がスパニッシュなまりでなに言ってんのか聞きとれないぞ!なのにうるさすぎる!!もうなんとかしてくれ〜〜゛!

そんななかで・・・
ベロニカちゃん(友だちになりたてなので、ちゃんづけ)は、はじめにいっしょのクラスだった女の子。
顔は完全なる逆三で顎が細く、茶色の目に赤毛のロングカールがひときわ目立つ美人タイプの女の子。ハリウッド女優の、えーと、誰だっけ、ジュリア・ロバーツに面影が似ている。(すっごい美人でしょ?)ファッションのセンスもかわいらしく、フランスのほとんどの地方を旅行したことがあるらしい、お金持ちのお嬢さんふうである。

この子は、ロシアの南に位置するウクライナという、パリと気温も大差なさそうなところ出身。上に述べたラテン国出身とはほど遠いが、授業中よ〜くしゃべる。(ちょっとうるさく感じていた)
しかし!フランス語の授業で、話し出したら止まらない→フランス語達者でなければできない技 の法則で、すこし前にクラスのレベルの低さに見かねたのか、上のクラスにあがっていってしまったのだ。
うるさいとは思いながら気にはなっていた彼女、話したことのないまま去っていくのはちと残念だった。

同じクラスにいたときはひとことも話さなかったベロニカちゃんだが、クラスが変わってから顔を合わせると、ボンジュール、サ・ヴァ?-元気?と聞くようになっていた。

今日学校に行くと、門を出てくるベロニカちゃんと偶然出くわした。
あのね・・・と親密げに話しかけてくる彼女。なにかと思えば、彼女は今仕事を探しているらしく、求人誌で、日本語とフランス語を話す必要のある人募集!という記事を見たらしい。そして、なんとわざわざわたしにそれを教えてくれたのだ!
現在わたしは職を探していないのだが、あまり知らない人なのにその好意がうれしく、ありがとう♪と言うついでに、こんど時間があったらコーヒーでも飲もうね、と言っておいた。

すると授業を終えた2時間後、教室を出て行くとそのへんにまたベロニカちゃんの姿が!
1時間後にまた別のレッスンがあるんだけど、よかったらお茶しない?という誘いにわたしはこっくりうなづき、近くのカフェでコーヒーを飲むことになったのだ。

はじめて話したわたしたちの雰囲気と会話・・・あとで思ったが、どうみてもこれは
初デートの場面と相変わらない・・・考えてみればこのブログも、書いているのは最近女の子のことばかり・・・。前は男の子ばかり見ていたんだけど、結婚してからもしかしてわたしは美少女好みになってしまったのも!?

いや、今思い出したが、東京に住んでいたころもあった・・・恵比寿のバーで飲んでいたときに、ここにもたまにコメントを書いているshizuo(注:女性です)をナンパしたんだった。
そのときはそれぞれ他の友人といっしょだったのだが、隣の席ではきはきとしゃべっているshizuoがとっても楽しそうな人に見えて、初対面でこんどいっしょに遊びに行こ〜♪なんて誘って名刺交換とかしちゃったのよね・・・。
まぁ、こうみえても、もともと美少女好みの素質はあったっちゅーことである。

話は戻って、カフェに入ったベロニカちゃんとわたし。
彼女はわたしの旦那さんのこと、知り合ったいきさつなどをいろいろ尋ね、今いっしょに住んでいるというフランス人の彼氏のことを話す。わたしたちはまた、今どの区に住んでいるか、兄弟・姉妹はいるか、フランスに来る前はどんな仕事をしていたか、よく買い物する場所はどこか、好きな服のブランド、などなど、たった1時間でありとあらゆる互いの情報収集をおこなった。
そして、聞けば彼女、毎日学校で4〜6時間フランス語の授業をとり、さらにそのあとはジムに通ってアクア・スイミングやエクササイズをやり、その後はお勉強をしているらしいのである。そして現在仕事も探している。今後はパリで大学院にも行きたい・・・と、すんごいバイタリティ。いやー28歳、わたしよりいくつか年下というだけで、すっごいなぁと感心してしまった。

けっきょく年下の彼女に、いいからいいから、とコーヒーをおごられてしまい、店をあとにすると、また学校へ戻っていく彼女。最後に立ち止まって、「いっしょにお話ししてるのはとっても楽しかった。また話そう!」な〜んて言ってくれて、とっても礼儀正しいのも好印象、今週の予定を事細かに教えてくれるのも忘れなかった。恐れ入りました、ベロニカちゃん!!

posted by ナオカ at 00:16| パリ | Comment(5) | TrackBack(0) | パリの学校こぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へー、ナオがシズをナンパしたとは!知らなかったーーー。ナオって狩猟民族?
Posted by ようこ at 2005年10月27日 10:06
リンクの件ありがとうございます♪美人で礼儀正しくて、頭が良いときたら、美少女中の美少女でしょうね!!私も素敵な人は性別関係なく大好きです。サイトのお褒めのお言葉ありがとうございます。お勧めのサイトがありました教えてくださいね〜♪現在は、フランスで育児奮闘中です!!
Posted by Dimanche + a Paris at 2005年10月28日 01:18
▽ようこ
>ナオって狩猟民族?
そうよ〜〜知らなかった〜〜?ひっひっひ。

▽Dimanche + a Parisさん
サイトに載っている女の子・・・それがお嬢さんかな??
はい、お勧めのサイトあったらご連絡しま〜す。
フランスで育児・・・いろいろなこと大変そうだけど、同じぐらい楽しそうかも??ですね!
わたしも育児の際にはぜひお世話にならせてください!^人^
Posted by ナオカ at 2005年10月28日 04:57
ナオカさん突然のコメントごめんなさい。
かなり昔の記事ですが、
登場するベロニカさん、もしかして
以前日本の我が家にホームステイした子と一致することがあり、気になって
コメントしてしまいました!
ウクライナ出身、背が高く、とっても美人でフランス人のボーイフレンドがいると言っていました。とても頭の良い子で、確か理数系、
ボーイフレンドは町の電気屋さんだったような。。
もう数年前の話なので、今彼女がどこでどうしているのかは知りませんが、
たった一泊だけのホームステイでしたが楽しい思い出です。

Posted by sawako at 2011年03月13日 16:44
▽sawakoさん
コメントありがとうございます。
もしや同一人物??世界は狭いかも?
ロシアやウクライナはスタイルよく美しい女の人が多そうですね、ほんと。
またよかったら遊びにきてくださいね!
Posted by ▽sawakoさん at 2011年03月21日 16:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8643580
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。