2008年06月08日

レストラン La FRINGALE, a ST Germain en Laye

070608_10.jpg


家のちかくのレストランに行ってきました。
最近はテラス席に人がいっぱい。


以前は、外でお酒を飲んでも酔わないタイプだったのですが
最近はいけない!ワインのせいなのか、それとも歳を重ねて弱くなったのか、
外にいても、家で飲むのと同じくらい酔ってしまいます。

1/2ボトルとか、カラフで500mlとか頼むと、ひとり、だいたいグラスに二杯から二杯半ぐらい。
それでかなり、というか、酔います。

家の近くのレストランだと、歩いて帰れるのでそのへんは安心、安心。

アペリティフにはキール。(またしても)
キールはふつう、白ワインにカシスのリキュールを混ぜてつくるので色が赤くなります。
右側の白いキールは Kir Peche、桃のキール。


070608_09.jpg


はじめて行ったレストランですが、メニューを見てびっくり。
え、メインが12ユーロ?!
あれ、しかもコースで頼めば、アントレ+メインで15ユーロ、
それにプラス、デザートを入れても19ユーロって。
ぉお、安い!


んじゃ、せっかくだから三品いただきますか。
アントレには ズッキーニとナスのかりかりパルメザン を。(しかし瑣末な訳だな、スミマセン)


070608_02.jpg


おいしそう〜♪ ひとくち食べると、
ん?しょっぱい。
ズッキーニとナスだからなのか、このペーストがかなりな塩気です。
味が、なんと おしんこ に似ている!
かぶさっているかりかりチーズといっしょに食べなければ、とってもしょっぱくて食べれないよっ。


070608_03.jpg


ということで、はい、チェンジ。
目の前にあるセバさんのアントレのお皿と交換してもらいます。
こちらは ベーコンとポーチド・エッグのサラダ

なんだか、こっちのお皿のほうが、見た目フツーという感じですが


070608_03b.jpg


おいしい・・・。
トマトが。
なぜこんなに甘いんだ・・・

そしてソース。
黒いのはバルサミコ酢だと思いますが、濃厚で味が深い。
うちにあるバルサミコと同じとは思えない。
こんなソース、どうやってつくれるんだ・・・


070608_04.jpg


メインには Magret de canard quatre epices 鴨のささみ 4種のスパイス を選んでみました。

鴨はささみだし、真んなか赤いのにお肉は硬めですが、
つけあわせがうまい。
じゃがいものドフィノワーズ。
しっかりしたバターの味と上にかかったシナモンとが調和してます。
わたしも家でつくるのだけど、とても同じ料理とは思えない・・・


・・・なんだか、レストランにくると、メインよりもつけあわせの野菜に感動しているのですが。
お肉は、まぁいい肉を使っているだろうし、こんなもんだろう、とも思ってしまうのですが、野菜は。
同じ野菜のはずなのに、やはり料理の仕方なんだろうなぁ。
こんなふうにおいしく調理できたら、毎日たくさん食べられちゃうのになぁ。


070608_06.jpg


デザートは Moelleux au chocolat
直訳すると、ふわふわのチョコレート でしょうか。
アングレース・ソースがおいしそう。
セバさんは、“ひと口もあげたくないほどおいしかった”そうです。


070608_08.jpg


わたしの頼んだ タルト・タタン は
いまひとつりんごの煮込みが足りないような色と味をしておりました。
タルト・タタンはもっとあめ色をしていなければ!!と、
思わず眉をつりあげて口を尖らせたくなりました。む〜。


070608_07.jpg

レストランにはわりと(いやかなり切実に)辛口なわたし。
ただでさえ安くはないし、食のフランスだし、
行くんだったらしっかりとおいしいものを食べたい!!


今日のお店の雰囲気、サービスなどを独断で五つの★で評価するとしたら、

雰囲気   ★★★
料理    ★★★
サービス ★★★★
値段    ★★★★
総合評価 ★★★★

コストパフォーマンスがとにかくよし。
サービスと雰囲気もよく、この値段にしての料理も悪くない、なにしろ近いしで、また来てもいいかな、と思いました。

--
La FRINGALE
24 rue ST Pierre
78100 ST Germain en Laye
TEL 01 34 51 77 78


サン・ジェルマン・アン・レイの街 Saint-Germain-en-Laye

ranking.gif こちらに一票お願いします

posted by ナオカ at 04:07| パリ ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | パリの食卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいなー、それに美味しそう!
子供が産まれてから、ちゃんとしたこういう料理食べてないっ!!!
しかもスイスでこんなに食べたら、軽く一人5000円は超えそうです。
あー、私も”大人ごはん”が食べたーーーいっ!!
ナオカさん、次回は匂いも一緒に送って下さい・笑

セバさんの食べたチョコレートのデザート、
めっちゃ美味しそう!
Posted by うみ at 2008年06月08日 04:43
このあいだは詳しい情報ありがとう。 旦那も感謝してました^^ 
コスパがとっても良くておいしいお店って貴重。
NYならお値段軽く倍以上で、基本的にたいした味ではないから 
NY駐在からパリに旅行する人はみんな感動して帰ってきてた、笑
お野菜の火の通し方ってプロの腕が光るところよね!

Posted by Yukiko at 2008年06月08日 20:35
この時間(23時50分頃)は魔の時間です。
お腹が空く時間なんです。目の毒ですよ。
ズッキーニとナスのお料理が「おしんこ」との感想には笑いました。
バルサミコ酢のソース美味しそう。深い味わいなんでしょう。
デザートは私ならナオカさんと同じリンゴにします。しかし感想はイマイチでしたね。
最後に、街灯好きな私の為に写真を撮ってくれてありがとう♪(違うって)
Posted by 大福餅 at 2008年06月08日 23:52
ふわぁ〜 ソース・アングレース〜
濃厚そうなチョコの色〜
カモさんの表面がカリカリです!
久々にナイフとフォークでお食事したくなりました!
そちらに住みだした当初、塩分が高く困った事を思い出しました。
ナオカさんはそう思いませんでしたか?
Posted by Izu at 2008年06月09日 17:13
▽うみさん
子供といっしょに食べに行けるって、うらやましいなって思います。
うちのリラさんは行けないので・・・。笑
こんどは絶対セバの食べたチョコのデザートのほう食べてきたいと思いまっす。
Posted by ▽うみさん at 2008年06月09日 20:22
▽Yukikoちゃん
なるほど、お野菜は火の通し方なんだね。
パリも、たいしたことない味のところがた〜っくさんあるの。。。
Yukikoちゃん来たときはよく選んでねっ。あ、また親戚のおばさんモード。爆
Posted by ▽Yukikoちゃん at 2008年06月09日 20:23
▽大福餅さん
ぉお、街灯が写っているのに特に気づいてなかったりしました。
なんか、勝手に入っちゃうんだな、きっと。笑
Posted by ▽大福餅さん at 2008年06月09日 20:24
▽Izuさん
アントレのおしんこもどきを食べたセバさんは、やはりしょっぱい、と言ってました。
でも、フランス人だから慣れた、とも言っていたので、
ということは、Izuさんの言うように、しょっぱいのが多いのかも、ですね。^_^;
Posted by ▽Izuさん at 2008年06月09日 20:24
今度フランスに言ったらつれてって!!!!
Posted by shizuo at 2008年06月09日 21:08
▽shizuoへ
ぉお〜、いこういこう!
Posted by ▽shizuoへ at 2008年06月10日 17:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。