2010年05月24日

夜の庭




おもてで若者が音楽を鳴らし笑いあう週末の深夜。
天気のいい日が一週間つづき、なんにちか前から気温もぐっとあがり、海にも入れるぐらい。
日が完全に沈むのは午後10時。春を飛び越してもう夏の到来のようです。


posted by ナオカ at 20:21| Comment(6) | TrackBack(0) | フランス田舎生活あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

りんごのお酒 cidre, pommeau, calvados

220210_10.jpg


2月はけっこうクレープを食べる日がありましたね。
まずは2月2日のLa chandeleur(シャンドゥルール)、「聖燭祭」。この日が近づくと、テレビで子供たちがクレープをつくっている場面がおおく登場したり、またジャムや小麦粉なんかがスーパーで大売出し!になったりしているようです。

それから先週2月16日のMardi Gras。こちらは毎年日にちは変わるものの、謝肉祭の最終日、灰の水曜日という日の前日を意味するそうです。まぁ、この日にもクレープを食べたりします。


まぁ、クレープやそば粉のガレットといえば・・・


220210_01.jpg


定番はアノお酒・・・


220210_06.jpg


まぁ、クレープを食べる日がぜんぶ終わってしまって先週末にいったのでなんの意味もないのですが。うちからさほど遠くないところに、“シードル売ってます”という看板があるのを以前目にして、いちどその醸造農家に立ち寄ってみようと思ってました。


220210_07.jpg


シードル、というとわたしがまだほど若きころ、日本で新発売のシードルのカクテルのCMが流れていたのを思いだしてしまいます。まだお酒を飲める年ではなかったので20歳になるまで待ち、、、(え?)飲んだときの感動。甘くておいしいシードル♪
しかしここのシードルはあのかる〜い感じのカクテルとはまた全然ちがいますよね。シュワーッともあまりしないし、どちらかというと重くどっしり、とした丸みのある味。


220210_09.jpg


どっしりとした、とはいっても、りんごジュースを発酵させてつくるお酒だし、アルコール度数は5℃前後と低め。
買ったシードルを白い箱に詰めてくれました。


220210_08.jpg


それ以外のりんごのお酒なんかもありました。カルヴァドスは有名ですよね。お菓子にも使ったりするのですが、においがわりと強くてわたしはちょっと苦手。


220210_03.jpg


あれ、見たことないものが・・・?じーっと別の棚を見ていると、シードル・ヴィネガーというものが!
この手前のオレンジ色っぽい瓶ですが、色もきれいでしょ?
“5℃”とかラベルに書かれているのでアルコール入り?とあせりましたが、考えてみればふつうに使っているヴィネガーが赤ワインヴィネガー、白ワインヴィネガー。
だとするとシードル・ヴィネガーというのもふつうかもしれないですね?
これは“知らないの??”と一本、おじさんタダでくれました♪


220210_04.jpg


奥のほうの瓶は Pommeau ポモーと呼ばれる食前酒。発酵していないりんごジュースと、カルヴァドスからつくります。アルコール度数15℃。ワインと同じぐらいですね。こちらは匂いもきつくなく、飲みやすい♪


220210_02_01.jpg


ノルマンディーなので自然いっぱいに・・・と道ばたに瓶を置いてみました。
いや、じつは出先でちょっと暇だっただけ、意味ないのでもうやめます。


220210_05.jpg


土曜は晴れて天気のいい休日でしたねー。
最近気候もよくなってきて、まだまだ寒い日はあるものの・・・とこれを書いているいま、なんと気温は11℃!!とのこと。この冬いちばんのあたたかい午後ではないでしょうか?
はやく春になーれ。




posted by ナオカ at 20:17| Comment(10) | TrackBack(0) | フランス田舎生活あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

冬と猫

02021001.jpg


さてリラさんはどこでしょう?


02021002.jpg


ここでした


02021006.jpg


このあいだほどではありませんが、たまにちらほらと雪が降り、


02021007.jpg


02021004.jpg


すこーしだけ積もっては、翌日の太陽とともに消えさり


02021005.jpg


朝起きて雪が積もってるかと思えば晴れてきてあたたかくなったり、


02021008.jpg


なんだかへんな天気がつづいています。


02021010.jpg


リラさんは、雪のあいまに外にでて


02021012.jpg


また雪がちょっと積もって


02021009.jpg


とけたらまた外にでて


02021003.jpg


02021011.jpg


太陽のしたをお散歩しているようです。


posted by ナオカ at 18:56 | TrackBack(0) | フランス田舎生活あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

Kir RoyalとかGalettes des Roisとか

060110_07_01_01.jpg


年末年始はとくになにをするでもなく、どこかに行こうか〜と言いながら天気もすぐれず、家のちかくをうろうろしていたりしたぐらいな感じでした。


060110_14.jpg


ノルマンディーに引っ越してきてはじめての冬、年越しなわけで、車でちかくの自然のあるところまで行き、散歩していたりすると、


060110_07_02.jpg


突然メェーメェー!!とか音がしてびっくりしたりとか、、笑


060110_05.jpg


街を流れている川が、ある大きな池(湖といったほうがいいぐらい大きいんだけど)につながっていて、全部凍結していたりとか・・


060110_07.jpg


この木はわざとこうカットされていると聞いたけど本当なのかな??


060110_01.jpg


近所の友人宅にアペリティフを飲みに行ったりとか。
これ、すごい歴史的なカウンターじゃないですか?笑 ↑


060110_04.jpg


クリスマスのすこし前から、まぁいったいどれだけのシャンパーニュを飲んだのでしょうか。うちも今年は来客があったり、新年を迎えるときには、とシャンパーニュを買いましたが、なんと8,9ユーロ。こんなに安価なシャンパーニュがあるとは!


060110_02.jpg


こちらは友人宅のシャンパーニュ。
ラベル見えます?“スペインのシャンパーニュだよ!”
というので、ほ〜珍しい〜と思ってラベルをしげしげと眺めましたが・・・あれ、待てよ?確かにスペイン語だけど・・・
シャンパーニュはフランスでしかとれないじゃないか。汗
・・・よく考えてみたら、ただスペインに輸出されていたフランスのシャンパーニュでした。笑


060110_02_01.jpg


実はシャンパーニュはそーんなに好きじゃないんですよね。なんか、あの独特の辛みというか、種類にもよるんだろうけど。
そういう人が多いのか?なぜかみんな好むのはこのキール・ロワイヤル。
クレーム・ド・カシスというリキュールをすこし入れて、


060110_03.jpg


シャンパーニュをなみなみと入れて泡だたせます。
これは甘すぎず口のなかで軽くサーッと泡がとけほんとに飲みやすい。
なぜかみ〜んなこうやって飲んでました。笑
このキール・ロワイヤルは一杯飲んだだけで毎回酔ってしまいます。

シャンパーニュは開けたらすぐ飲まなきゃなので、あまっているボトルが冷蔵庫にあると、“うちにアペリティフ飲みにこない?”ということになり、友人宅とじぶんの家を行き来してこれを毎日飲むようなことになったりしていた年末年始。笑


060110_11.jpg


1月3日には、わたしの住む街で新年パーティーみたいなのがありまして(こんなのはじめて)。なんか招待のカードがきいていたのですが、そこに“ガレット・デ・ロワ(食べ放題)”と書いてあったのを見ていそいそとでかけました。
すると、町長から新年のあいさつがあったり、誰かの表彰があって記念品をあげたりとか(超ローカルですね。笑)、
終わりごろには、すでに準備されたテーブルで、がさごそと市のスタッフがワインをグラスにつぎだし、


060110_12.jpg


みなわらわらと、ガレットと白ワインをいただきはじめました。


060110_13_01.jpg060110_13.jpg


これが長方形のかたちに焼かれたガレット・デ・ロワで、一切れも大きく、まだほんのりあたたかくておいしかったんすよ〜

老若男女、みんな頬をほころばせて飲み食べしている光景はなんだか楽しかったです。


060110_08_03.jpg


うちでもちょっぴりガレット・デ・ロワ買いました。小さいの。


060110_08_02.jpg


街のパーティーといれると3回ほど食べることになったので、今年はこれでごちそうさまです。
レシピを見ると、なんだかとってもシンプルなのでこんどはつくってみようかな〜と一瞬思ってみたりもしましたが、シンプルなやつこそパイが命な感じですよね?難しかったりして。


まぁそういう感じで、ちょっとお腹が疲れぎみな感じ(?)の年のはじまりでした。みなさんの年始はいかがでしたか?



posted by ナオカ at 23:01| Comment(4) | TrackBack(0) | フランス田舎生活あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

ふたたび真っ白に

070110_01.jpg


またまた、


070110_02.jpg


雪。


070110_03.jpg


昨夜、寝る前は家のドアの前に15センチほどの雪が積もってておどろいてたのですが、


070110_05.jpg


今朝はもう何十センチ??という感じで・・・
こんなに積もったのを見たのははじめてかも。ノルマンディー・パリにかぎらず、もうどこでも雪が積もってるようです。


070110_04.jpg


060110_09.jpg


実は、先週末に散歩したときはこんな感じで


060110_10.jpg


ただ地面がとにかく凍っていた(だけ)だったのですが


060110_06.jpg


今週になってからも、雪は降らないものの、池なんかの水が凍ったままであやしいなと思っていたら、すんごい雪がはじまってしまいました。笑


年末年始の話をすこし載せようと思っていて気づいたらもう7日ですね-"- ちょっと話は前後しますがあとでもうちょっと前のこと、ブログにだしますのでよろしく〜;


posted by ナオカ at 18:34| Comment(2) | TrackBack(0) | フランス田舎生活あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

neige2009_01.jpg





neige2009_02.jpg


まいにち雪


neige2009_03.jpg


お庭も


neige2009_04.jpg


家も


neige2009_06.jpg


木も


neige2009_07_01.jpg


川も


neige2009_05.jpg


みーんな真っ白


neige2009_07.jpg


白鳥さんも・・・・・


neige2009_05_01.jpg


雪のうえを歩くのはちょっとたいへん


neige2009_08.jpg


寒いから おうちに入って寝ようかな


neige2009_11.jpg


posted by ナオカ at 18:21| Comment(6) | TrackBack(0) | フランス田舎生活あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。